鹿児島県与論町の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

鹿児島県与論町は与論島にある町です。与論島には町が1つしかないため、与論町の現況は与論島の現況とほとんどイコールともいえるでしょう。この町は人口減少が進んでおり、最も人口が多かった時に比べると、現在はほとんど半数になっているという事情があります。そのため、新しい家屋などが建設されることが少なく、木材への需要は低いと言えるでしょう。また、町内で林業に従事している方もほとんどいません。そのため、需要と供給のいずれもが低い状態となっています。鹿児島県与論町で木材を使用する場合には、町外から運んでくるケースが多いです。しかしながら、与論町は島にある町なので運ぶ際にはコストが掛かります。それらを総合的に判断すると、与論町の木材市場がにぎわっているとは言えないかもしれません。しかし、木材が完全に不要という状態にはなりえないので、一定の需要があることも事実です。鹿児島県与論町と木材の売買をするのであれば、輸送費用などを踏まえておくことが重要と言えるでしょう。

 

鹿児島県与論町では木材の生産があまり行われていません。そのため、町産の木材を町外の人物が手に入れることは至難の業となっています。もしも、どうしても手に入れたい場合は現地に赴いて買い付ける必要があると言えます。そのようなことをする方は実際にはほとんどいないので、町内で生産された木材は基本的に町内で消費されています。木材市場は事実上、その中で完結している部分が大きいです。今後鹿児島県与論町の人口はますます減っていくと予想されています。その結果、木材価格は下がる可能性があります。一方で島おこし、町おこしに向けての動きが広がっているので、その結果も木材市場に大きな影響を及ぼすと言えるでしょう。今後についてはまだ予想出来ない部分もありますが、少なくとも現況では木材市場が活発に動いているということはなく、ある程度落ち着いているというのが大方の見方です。

 

 
トップへ戻る