シャー・アラム(マレーシア)の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

ただ今記事の準備中です。シャー・アラムは、マレーシアの西岸に位置するセランゴール州の州都です。
市内には、世界でも4番目の大きさを誇るスルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・モスクがあります。
クアラルンプールの近郊にある都市なので、シャー・アラムは工業の街として発展を遂げています。
国内シェアナンバーワンを誇る国営の自動車会社の工場の他、工業エリアには国内外の企業が工場を作るなどしていて、日系企業も進出している街です。
工業とともにシャー・アラムの主力産業となっているのは、観光業です。
ブルーモスクとも呼ばれるスルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・モスクを中心に、市内にはさまざまな観光名所があります。
そのため海外から訪れる観光客も多く、マレーシア国内でも非常に景気が良い街と言えるでしょう。
首都郊外のシャー・アラムには中流層も多く住んでいるため、住宅需要は活況です。
市内では中流層向けの住宅も建設されていて、それに伴い木材市場も活況を呈しています。
住宅需要が高いと骨組みなどの構造に使われる木材だけではなく、壁やフローリングなどの内装にも木材が使われるため、木材市場での取引も増えます。
シャー・アラムは経済成長を続けるマレーシアのなかでも注目すべき街なので、今後も発展を遂げていくと考えられます。
発展を遂げると言うことは住宅などの建物の需要も増えていきますから、シャー・アラムの木材市場はさらに上向いているのが現況です。
現況は経済成長が続く限り続いていくと考えられるので、シャー・アラムの木材市場は安泰とも言えます。
しかしマレーシア国内では熱帯雨林の違法伐採も続いており、こうした事態への対策も急ぐ必要があり、実際にさまざまな対策をマレーシア政府も行ってきました。
対策が確実に行われて効果が現れ健全な木材市場を形成していけば、シャー・アラムのような工業で発展する街を支えることができて、経済成長にも良い影響をもたらします。

 

 
トップへ戻る