アロースター(マレーシア)の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

アロースターはマレーシアの中でも森林が多く豊かな自然に囲まれています。ただし、人間が手入れしなければ密林だらけになってしまい、十分根っこまで栄養が行き届かない可能性があります。現に人間の手入れを疎かにしたために、はげ山になってしまったところは数多くあります。マレーシアは国を挙げて林業を一大産業としており、アロースターも例外ではありません。アロースターの現況の木材市場ですが、国内よりも海外に多く輸出している傾向にあります。ここ近年マレーシアは工業化を政府主導で推し進めており、長年の成果がようやく実を結びつつあります。人々の生活も豊かになってきたのですが、周りの国々を見てみるといち早く近代化に成功したタイやベトナムなどライバル国の方が成長してるのが現実です。当然そのような国に木材を購入してもらった方が高く売れます。マレーシアは高温多湿な気候なので、その場所で生き抜いてきた木材は非常に強いと言えます。その証拠にマレーシアは年中高温多湿でスコールもかなり降ります。集中豪雨になることも少なくないですが、それによる家屋倒壊がニュースになることはまずありません。それは災害に強い木材で建てているからです。コノ優れた木材を求めて海外の富裕層がこぞって市場に現れるのです。アロースターの木材市場の特徴として伐採現場をバイヤーに実際に見てもらうということを行っています。これをすることにより本当に現地で伐採したものが売りに出されているのかバイヤー自身の目で確認できます。アロースターの売買人との信頼関係が出来るので、価格交渉もし易くなるのです。マレーシアは第一次産業が国家政策の根幹をにない続けているので、林業に携わっている人々は自分の仕事に誇りを持っています。それに見合った報酬を近年ようやく提供できるようになったことは、マレーシアにとって大きな進歩と言えます。技術者離れを防ぎ労働力も確保する一石二鳥です。

 

 
トップへ戻る