クチン(マレーシア)の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

クチンは、東マレーシアであるボルネオ島の北西部に位置している都市です。ボルネオ地方の観光地であり、サラワク川の河口や南シナ海に接している河港でもあります。街の真ん中を流れているサラワク川の岸の中でも南の方は、官公庁や商業施設などがある市街地です。

 

森林資源が豊富なクチンは、木材市場も盛んであるというのが現況になります。最近の木材市場は活性化していて、その現況は今も継続しています。クチンで産出された木材は全世界に輸出されていて、日本にも輸出しています。しかしクチンがあるサラワク州では木材を伐採するのを許可する量を削減されているのが現況です。近頃のマレーシアは違法で行う森林伐採が横行していて、自然環境の保護しようとする動きがあるからというのが理由になります。そして政策による大きな影響もあった訳です。

 

森林伐採の許可量を削減された政策が南洋材合板を製造するのに必要不可欠な地域であるサバ州に移行し、輸出が禁止される事態に陥りました。南洋材合板にとってサバ州の木材はとても大切なので、サバ州の輸出が禁止される政策は木材市場に影響を与えているのが現況です。

 

木材の供給が少なくなったことで品薄な状況になり、南洋材合板の値段は高くなっていくことが予想されています。またクチンの合板製造工場も原木の値上がりに警戒をしていて、サバ州の輸出を禁止した措置は木材市場に色々な影響を残していくことが予想されるのが現況です。

 

クチンで産出した木材の価格が上昇している原因は、サバ州の輸出が禁止されたことだけではありません。丸太を運ぶための道の整備がされていないため、雨がたくさん降ると輸送がぬかるみが原因で滞ってしまうことも要因の1つです。2019年も雨季に雨がたくさん降ったので、木材の生産地の道路の状況が悪くなり輸送に良くない影響を与えました。これもクチンの木材が高騰した要因の1つで、輸入国である日本での値段も高くなってきているのが現況になります。

 

 
トップへ戻る