ムラカ(マレーシア)の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

ムラカはマレーシア国内にある港湾都市でマレー半島の西海岸の南側に位置していて、東西の交通の重要な場所であるマラッカ海峡と接しているマラッカ州の州都です。1945年の第2次世界大戦の終戦後に、再びイギリスが海峡を植民地化しましたが、独立する気運が少しずつ高まって、イギリス保護領下で1948年にマラヤ連邦が生まれ、1957年の8月に完全に独立しました。

 

1989年の4月15日に、ムラカは歴史の都市に承認されたのです。このことを記念してマラッカ州では毎年4月15日を休日に指定しています。港湾都市として大きく発達してきたマレーシアの中でも最古の都市であり今現在は、観光都市として1年あたり600万名以上の観光客がマレーシア国内や外国から訪れている訳です。

 

ところがムラカは発展し続けることにより、社会問題が幾つか発生してきています。社会問題の1つに挙げられるのが住宅不足で、外国から投資を受けることによって会社が誘致されていますが市内には住宅が不足している状況です。ですのでムラカでは住宅が盛んに建設されて、そのことに伴って木材に対するニーズが増えてきています。住宅を建設するときには色々な場所で木材を利用するので、住宅がどんどん建設されているムラカの木材市場は良好であるというのが現況です。

 

ムラカの歴史のある観光地として、これからも発展していくことが期待されています。これからも同じような成長が続いていけば、木材のニーズが高まり続け木材市場も、もっと良くなる可能性を秘めているのが現況です。木材市場の現況を考慮するとムラカの木材市場は、とても希望が持て、経済が成長し続けているマレーシアの都市の中でも、とても魅力的であると考えられます。足りなくなっていた住宅が充分に供給されれば木材市場の拡大も緩やかになっていくことが予想されますが、ムラカは将来性がありマレーシアの国内でも人気のある木材市場の都市です。

 

 
トップへ戻る