ヴィリャンディ(エストニア)の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

ヴィリャンディはエストニアの南部にある都市です。人口は20,000人弱となっています。エストニアの首都であるタリンからは161qほど離れており、自動車で行き来するにも4時間ほどかかる計算になります。紀元前5世紀ごろには既にこのあたりに集落があったとされており、歴史のある都市の1つと言えるでしょう。ヴィリャンディの人口は安定しており、木材への需要もあまり乱高下しません。住宅の建設を目的として、様々な方が木材を購入しています。ヴィリャンディでは林業が盛んに行われており、木材を安定供給することが出来ているため、他の都市から購入するメリットは薄いとされます。しかしながら、この町で生産していない種類の木材も多く、その購入のために木材を輸入することもあります。ヴィリャンディは首都から遠く離れており、鉄道などもそれほど走っていないので、木材の運搬には大きな費用と時間が掛かります。そのため、他の地域から木材を購入する際には大きな費用がかかるとえるでしょう。それらを総合的に判断すると木材市場は賑わっていると言えない状態であり、あえて都市内で生産していない木材を購入するという方は少ないです。現況では木材の販売メーカーが新規参入することは難しいと言えるでしょう。

 

ヴィリャンディの木材市場において鍵を握っているのは人口変動です。エストニアは発展途上国に分類されることが多いですが、今後発展していく可能性も十分にあります。発展することによって経済的に余裕のある方が増えれば、人口が増加することも想定されます。人口が増加すると住宅への需要が高まり、木材を購入する方も増えていきます。そのような状態になれば木材市場も盛り上がっていくと言えるでしょう。エストニア全体の状況も確認しつつ、活動を行う必要があります。その点を踏まえてこの町の建築への需要、供給を確認していくことが有効に販売を行うための鍵になるとされます。

 

 
トップへ戻る