ラクヴェレ(エストニア)の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

ラクヴェレはエストニア共和国のレーネヴィル県にある都市のことで、同県の県都となっています。ここは近年IT産業が活発であることで、世界中にその名を知られているといっても過言ではありません。それを証明するかのように、優秀なIT技術者が集まっているのです。しかしながら、産業を活性化させているのはITだけではなく、忘れてはならない存在として林業が挙げられます。この地の木材市場の現況と日本は無関係ではなく、それどころか密接な関係にあるといえるのです。
実際のところ日本は数多くの木材を輸入しており、それは2006年頃を境に急激に増えました。日本に木材を輸出することを目的に、ラクヴェレにはたくさんの木材加工工場が存在しています。良質の木材を生産するには確かな技術を持つ職人が必要不可欠であり、ラクヴェレは職人たちを確保することを重要視しているのです。日本にとっては質の高いものを豊富に輸入することが可能であるとして、なくてはならない存在としています。
設立された木材加工工場では、生産された内のほとんどを日本への輸出としています。安全かつ確かな取引ができることは、ラクヴェレの経済を活性化させるために重要であり、IT産業と林業は2本柱といっても大げさではないでしょう。日本という外国に有望な販路を見つけたことは、木材市場全体を活気づかせることができ、さらなる林業の発展においても良い影響を与えると考えられます。
輸出するための十分な木材を確保することと、それらを優秀な技術で加工することが両立しているからこそ、ここまで林業が発展することができたのだと考察できるのです。現時点ではIT産業のさらなる発展が予想されるのですが、それと同様に林業もますますの発展が期待されます。日本という海外への確実な販路がそれを物語っており、日本として考えるとラクヴェレを始めとしたエストニアからの輸入は心強いパートナーといえるのです。

 

 
トップへ戻る