クレサーレ(エストニア)の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

クレサーレはエストニア初の自治都市です。
人口は少ないものの、リゾート地なのでホテルやスパがあります。
有名なクレサーレ城があるので、海外からの観光客も多いです。
美しい自然が残るクレサーレには、中世の建築が残っています。
離島の小さな町ではあるものの、スーパーマーケットがあるので不自由なく生活ができます。
エストニアは森林が多い国ですが、クレサーレも美しい森林があります。
木材を使った製品の流通量が多いこともあり、木材市場の現況は好調を維持しています。
エストニアは沖縄と九州を足したくらいの面積を持つ国ですが、森林率が高く51パーセントもあります。
丸太の輸送と伐採は許可制で、森林の所有者が森林計画をベースに伐採をする場合は、環境省が出す伐採許可書が必要になります。
森林所有面積が5ha以下の場合は、伐採の後に伐採届を出し伐採量の報告をします。
環境省の監査を受けた後に伐採許可所を申請し、受領する手続きを行います。
虫の害など突発的な事象によって伐採が必要になった場合は、環境省に報告して伐採をします。
エストニアでは林業の主務官庁が環境省になっています。
環境省は森林調査を10年に1回行い、その結果に基づき森林計画を作成します。
伐採力丸太を搬出する際は、環境省が発行している木材輸送証明書が必要になります。
エストニアでは、丸太が合法であることの証明を木材輸送証明書で行います。
丸太を搬出するオペレーターと輸送を行うトラック運転手は、木材輸送証明書の写しか電子ファイルの所持が義務付けられています。
エストニアはIT先進国で、行政機関の手続きはペーパーレスで行うことができます。
木材取引についても書類の電子化が行われています。
環境省では森林調査の情報をデータベースで管理し、森林の資源状況をWebサイトでリアルタイムで公開します。
必要な情報をWebサイトで公開することで、森林の管理と利用の透明性を確保しています。

 

 
トップへ戻る