ヴァルガ(エストニア)の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

ヴァルガは、エストニアの南部にあるラトビアと国境を接している都市です。
ラトビア側の街であるヴァルカとは元々一つの都市であったため、市内に国境線を引かれ分断された形になっています。
一つだった都市が分断されてしまったのは、第一世界大戦後にバルト三国が独立したときです。
独立時にエストニアとラトビアで領有権問題が発生し、イギリスの仲介により市内に国境同じ線が引かれました。
同じ市内に国境線が引かれていると、住民は移動が不便だと思うかもしれません。
しかしエストニアもラトビアも2004年にEUに加盟したため、シェンゲン条約により国境の移動は楽になりました。
そのため日本人がイメージする不便さはなく、ヴァルガの市民もラトビア川のヴァルカに自由に行き来できます。
ヴァルガの木材市場の現況については、日本語で書かれた情報がネット上にも少なく詳細は不明です。
しかしヴァルガのあるエストニアは、林業が主要な産業の一つです。
そのため同国内の木材市場の現況は比較的活発で、国内で消費したり国外に輸出していたりします。
近年では林業にもITを積極的に取り入れて効率化を進め、日本も参考になるとする意見もあります。
ヴァルガやその周辺地域も森林資源は豊富なので、林業も主要な産業の一つとして発展しているでしょう。
林業が発展しているならヴァルガの木材市場にも原木が多く集まり、多くの人が取引に参加しています。
ヴァルガの木材市場で取引された木材は、国内で消費される他に鉄道でラトビアなどの国外に輸出されたり、バルト海に面した街に運ばれそこから船で輸出されるケースもあると考えられます。
このように林業が国の主要な産業となりITを取り入れるなど先進的な取り組みをしているなら、ヴァルガの木材市場の現況は悪くありません。
林業の効率化を進めていることから将来性も非常に高いので、木材市場のこれからは見通しも明るく健全な運営がなされていくでしょう。

 

 
トップへ戻る