キヴィオリ(エストニア)の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

エストニアの北東に位置しているキヴィオリという都市は最近オイルシェールで注目されている都市の1つです。オイルシェールを産出するために出来た灰で出来た人口の山はキヴィオリの認知度を非常に高めることになりました。今では世界的なオイルシェールを産出する都市として、全世界から注目されている都市です。しかしオイルシェールと同じぐらい、林業もキヴィオリにとっては大切な産業になります。フィンランドやノルウェーなどの北欧諸国のように、昔から林業も大切な産業として発展させてきて、今でも大事な産業であることが現況です。

 

キヴィオリの林業は意外にも日本国内の木材市場と深く関わっていて、現況を分析する場合に無視出来ない存在となっています。2006年頃に日本はキヴィオリから輸入した木材が、大幅に多くなりました。木材市場で突然、キヴィオリ産の木材が大幅に多くなったのは日本用の木材をたくさん生産しているためです。

 

エストニアでは北欧の会社をメインにした多国籍企業が建設したのが、構造用集成材工場になります。その工場で製造した集成材は、日本に全て輸出されている訳です。ですので工場が運営されたときから日本への輸出が多くなり、日本国内の木材市場でも目を惹く存在になっています。

 

キヴィオリが日本への輸出に注力するのは、日本の木材市場がそれだけ魅力的だと感じたことが原因の1つです。市内で製造して日本に対して輸出することにより大きな収益が出ると考えたために、規模が大きな構造用集成材を生産する工場を建てて輸出を増やしています。国産の集成材を取り扱っている日本の会社にとって、注目せざるを得ない存在であると言える訳です。

 

外国に期待出来る販路を発見したことによって、キヴィオリの木材市場は盛んになりエストニアの林業に寄与しています。今ではオイルシェールがメインの都市となっていますが、昔から経済を維持してきた林業に関しても木材市場における現況が好調であることによって更に発展することが期待可能です。

 

 
トップへ戻る