ハープサル(エストニア)の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

ハープサルはエストニアの西海岸の都市で、レーネ県の中心都市となっているほか、リゾート地域としても非常に有名です。これにより世界各国から観光客が訪れる有数の観光地となっており、特産品のハープサルショールも世界的に有名な地域です。また、海岸で採取される泥は医療面での効果が認められ、非常に貴重なものとなっています。
エストニアはバルト三国の最も北側に位置しており、ソビエト連邦時代には東側諸国を形成する非常に重要な地域となっていました。その中でもハーブサルには空軍基地が置かれており、軍備の拠点でも非常に重要なものとなっていたのです。政治の面では非常に重要な役割を担っている地域でもあり、ソビエト連邦諸国の中でも注目されていた地域でもあります。
ハープサル自身は観光地として栄えており、主要な産業はハープサルショールなど特産品が中心となっていますが、様々な工芸品の生産も盛んで、さらに近年ではIT産業に従事する人々の活動拠点となっているのも実態です。一見木材の生産からは縁遠い地域とみられる面もありますが、エストニア地震は古くから木材産業が盛んで、様々な特徴的な木材を生産しバルト三国を始めとする地域に供給を行っていた頃もあります。ハープサルもかつてはその加工などを行っていた時期もあり、現在でもこれらの職業を持つ人が生活している実態があるのです。
ハープサルの木材市場の現況は、基本的にはエストニア国内で生産される木材の加工や、海外への輸出のサポートなどを行う拠点の位置づけが非常に強くなっており、その流通において重要な役割を担っている側面があります。リゾート地で栄えていることから木材市場とは無縁のイメージをもたれる場合も多いのですが、決してそうではなく、現在でも加工や需要と言う形でエストニアの木材市場に深い関わりを持っているのが実態です。そのため、ハープサルの木材市場の現況は需要や加工が中心となっているものの、今後もハープサルの木材市場は発展が見込まれるものとなっているのです。

 

 
トップへ戻る