ヨゲヴァ(エストニア)の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

ヨゲヴァはバルト三国エストニアの中でも非常に寒い地域として知られており、1940年に?43.5度と言う記録を持っています。近年では地球温暖化の影響もあり若干過ごしやすい気候とはなっていますが、それでも北欧特有の非常に寒いと言う環境は変わらず、世界の中でも寒い地域で知られています。
エストニアは非常に山林も多く、そのため木材の生産が古くから盛んな地域でもあります。近年ではIT産業が急速に発展しており、これらの分野でも世界の中で非常に重要な位置づけとなっていますが、伝統でもある木材産業は現在も安定的に継続をしており、また国際的にも非常に魅力ある木材が算出される地域で有名となっているのです。ヨゲヴァにもいくつかの山林地域があり、これらの場所では木材の生産が行われています。
エストニアの木材は非常に寒い環境の中で育つことから、その木目が非常に詰まっており、難いことで知られています。そのため建築資材や頑丈な家具の材料として古くから利用されており、また寒いためにとても目の詰まった模様が美しいことから調度品にも利用されている点が特徴です。高級家具は北欧の木材を使用していることも多いのですが、その中でも特にエストニア産は高額で取引されるものとなっているのが特徴です。
ヨゲヴァの木材市場は昔に比べるとやや衰退した感もありますが、高級家具やその他の用途に利用される事は相変わらず多く、そのため比較的安定的な推移を続けているのが現況です。日本にもファンが多く、たくさんの木材が利用されており、その中でも高級テーブルの天板に利用されるオークや、ブラックオークはとても人気の高いものとなっています。
ヨゲヴァの木材市場の現況はこうした人気の木材が多いことにも支えられています。そのため、今後も高級木材の代表的な産地となっており、ヨゲヴァの中でも様々な加工場が存在しているのが実態です。さらに、伝統工芸にも広く利用されており、非常に魅力的な木材が多いのが特徴となっています。

 

 
トップへ戻る