長崎県壱岐市の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

長崎県壱岐市の木材市場では、そこに関わっている業者が多種多少な事業を行っているという現況が存在します。元々、壱岐は建設作業などを行っている土木作業員が多かったという時代が背景が存在し、それが2019年現在に至っても残っているといえます。ただ、離島という立地条件上でそれだけでは地域や環境を支えることができなくなってしまうため、他の事業にも手を広げて事業を行っているという現況があります。こういった林業や木材市場の現況を理解するためには、この島特有の事情を知っておかなくてはいけません。というのも、政策の一環として離島振興法という法律が存在していたからです。長崎県壱岐市は他の市町村と異なって、陸続きで地域が存在しているわけではありません。他と隔離された環境下にありますので、こういった地域を盛り上げるためには様々な取り組みが必要になります。しかし、離島を盛り上げるといってもその島に存在している人たちだけでは産業を盛り上げることは難しい現状もありました。そこで、政府や自治体が協力をして離島の振興を促そうとする離島振興法が制定されたわけです。この法律の影響で、多くの土木作業員などがいましたが、後年で公共事業に提供することができる税金が縮小していって、島全体で林業を支えることが難しくなってきたいう事情があります。陸続きの条件であるのならば、他の地域と協力をして木材を利用した産業を盛り上げることもできたかもしれませんが、長崎県壱岐市は離島であるためこういった対策も現実的に講じることができません。そのため、木材を扱う建設業者も他の様々な業種に手を広げるに至りました。もちろん、市場は過去と比較すると縮小はしていますが完全に無くなっているわけではありません。生活基盤として木材が必要になる機会もあります。例えば、商業施設などがこの島に入ってきている傾向もありますので、そういった建設に活かすための市場はまだまだ活性化しています。

 

 
トップへ戻る