長崎県雲仙市の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

長崎県雲仙市は人口1人当たりの森林の広さが非常に大きい地域となっていて職業に林業が占める比率も、とても高い都市となっています。ですので出荷する量も、とても多く今も長崎県雲仙市の生産品の中でも木材は大きな比率を占めているため非常に大切な産業の1つです。

 

とは言っても、長崎県雲仙市の木材市場は決して好調と言う訳ではないのが現況になります。単価が安くなり出荷する量も今までと比較すると減ってきているので色々な対策を施し、この状況を回復させようとしている訳です。従来は住宅や建築物の建築資材として利用していた木材を、別の使い道にも利用できるようにするために色々な施策を施しています。

 

最近は木材を使って工芸品を作り収益を得ているところが多くなってきていますが、長崎県雲仙市でも木材を使って特産品である色々な工芸品を制作して提供することによって用途を広げている訳です。また長崎県雲仙市の木材をインテリアなどに利用することによって、付加価値をつけています。日本で産出される木材は、とても良質で木目が綺麗であると外国から高く評価されていて輸出する量も多くなっているため安定している生産量を保っている要因の1つとなっている訳です。

 

日本国内の木材市場は全体的にニーズが一時的に落ち込んで単価が安くなったことから、林業は不況になっていることが少なくありませんでした。しかし、最近では各地域がオリジナリティを打ち出して木材自体の付加価値をつける努力をしたことによって、現況は割合安定していると言えます。長崎県雲仙市の木材も色々な使い道に利用する素材として発展してきていて、安定している生産性をキープしている訳です。

 

長崎県雲仙市の木材市場は、基本的に単価が安くなっていることから大きな収益を上げることが出来ないのが現況になります。ですが、ニーズは高まっていて生産量を維持しているので、これからは木材のクオリティはもっと状況が良くなっていくと考えられていて、色々な使い道に応用出来ることが期待されるという側面もある現況です。

 

 
トップへ戻る