長崎県南島原市の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

長崎県南島原市は長崎県の南側に位置し、雲仙普賢岳の南側にも当たります。そのため急峻な地形となっており、また南側すぐ海に面しているため非常に気候も良く、木材の産地に適していると言われる地形となっています。
しかしこれまであまり木材の栽培が行われてきませんでした。その理由は火山である普賢岳の斜面であることからその土壌がその生育に適しているとは言えず、また開墾も非常に難しいものであると考えられていたため、積極的に木材を生育させると言う発想がこれまではあまりなかったのです。しかし近年では長崎県全体で生育に力を入れており、長崎県南島原市もその影響で積極的に普賢岳の南斜面を効果的に利用した栽培が行われるようになりました。現在では市内に木材を取り扱う販売店も非常に増えており、その市場は活発化しています。
長崎県南島原市は近年では市全体で木材の生産と需要を活発化させようと取り組んでおり、そのために木材市場の現況はこれまでにない活発な動きを見せています。市内や県内での需要もさることながら、近年では県外や国外への輸出も活性化しており、非常に好調なものとなっているのが実情です。さらにその技術を習得するために様々な学習制度を設けているほか、実際に技術を習得した人が市内で活躍をしていると言う実態もあるのです。
最近は日本全体で木材の需要が低下している傾向があります。住宅も鉄筋を使用した非常に堅牢な住宅が増えているほか、輸入住宅を始めとする海外の様々な構造も人気となっているため、日本国内の木材需要は非常に落ち込んでいるのですが、逆に日本全体で海外を含めた木材市場の拡大を進めている面もあり、その生産量は近年では以前に比べて増加する傾向も強くなっています。長崎県の主要な産業として力を入れ始めている木材事業の中で、これに適した地域を所有している長崎県南島原市は長崎県全体の中でも木材生産が活発化している地域となっており、その木材市場の現況もこれまでにない好調なものとなっているのです。

 

 
トップへ戻る