長崎県西彼杵郡の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

長崎県西彼杵郡は長崎県の中央部に位置する、2つの町から構成される非常に小さな行政郡です。明治初期には長崎市のほとんどを始め諫早市などがこの郡に属しており、非常に大きなものでしたが次々と独立及び離脱を行ったため、現在では非常に小さな2つの町からなるものとなっています。
長崎県西彼杵郡は諫早湾に面しており、現在では北側に諫早湾を抱える位置づけとなっていますが、かつてはこの湾を取り囲むような行政区域となっていました。そのため、周囲を山に囲まれ中央が海と言う地形が独特の様々な文化を生み出しており、これが現在の長崎間の主要な産業となっているものです。現在でも長崎県西彼杵郡の文化は長崎市や諫早市とほとんど違いはなく、単に行政上の区分されているだけと言う状況となっているのが実態です。
北側に諫早湾を抱え、南側は比較的山が多いことから林業もそれなりに盛んであり、現在は特に様々な木材を生産している状況となっています。これは長崎県が県の主要産業として木材に注力しており、そのために山林部で木材の栽培を行うことを奨励しているため、長崎県西彼杵郡でも比較的その栽培が盛んとなっている現状があります。これにより長崎県西彼杵郡の木材市場の現況はこれまでにない動きを見せており、生産高はこれまでで最も多いものとなっているのです。
長崎県では現在県の特産品として木材に非常に力を入れており、様々な種類を生産し県内だけでなく国内や海外にも輸出を行っています。長崎県は海に面しており様々な会場交通網も発達していることから輸出の拠点としては非常に有利な条件を備えており、日本産の木材は海外でも非常に人気が高いことや、木造建築の快適性が海外でも見直されていることから非常にその輸出高が増えている傾向にあるのです。その輸出高の増加に長崎県西彼杵郡も貢献をしており、木材市場の現況が好調となる要因を生み出しています。長崎県西彼杵郡は小さな郡ではありますが、長崎地震の林業に大きな貢献をしている地域でもあるのです。

 

 
トップへ戻る