長崎県波佐見町の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

長崎県波佐見町は、長崎県のほぼ中央にあり、この町を管轄する東彼杵郡北部の内陸部に位置する人口約14,000人(2019年6月時点)の町です。長崎県の市町村の多くが海に面しているのですが、当エリアは県内唯一海に面していない場所です。佐世保市の中心部からは東に約20km、長崎市からは北に約65kmの場所に位置しており、東側および北側は佐賀県都の県境になります。町域には鉄道路線はなく、北部を東西に西九州自動車道が通っており波佐見有田ICが設置されています。西側および東側は山岳地帯で、その中心に盆地を形成する形で人々が暮らす住居が点在しています。盆地の中心には川棚川が流れ、流域沿いでは農業が盛んであり、森林では林業が盛んな場所です。

 

長崎県波佐見町の木材市場の現況ですが、長崎県波佐見町では農林業の近代化や生産力の増強、経営基盤の強化を図る目的で小規模農林事業を実施している団体もしくは個人に対し、予算内で補助金を交付して支援を行っています。この補助金は、自治体が定めた小規模農林採択基準を満たすことで受けることができます。また、林業振興として伐採届けや森林の土地の所有者届出制度、森林整備地域活動支援交付金事業や森林整備加速化・森林再生事業なども設けており、森林整備地域活動支援交付金事業は森林の所有者に対して、山の手入れに欠かすことができない活動を交付金により支援するものです。子の事業では1ヘクタールあたり5,000円の支援金を支給するといいます。森林整備加速化・森林再生事業は、未整備の森林の再生を目的としているもので、間伐を行う事業で1ヘクタールあたり25万円以内の補助金を交付するなど、自治体が積極的に長崎県波佐見町の林業に対して支援を行っていることがわかります。尚、間伐に林道が欠かせない存在ですが、長崎県波佐見町では林道の舗装を実施して森林へのアクセスを良いいすることで間伐の促進を図っています。

 

 
トップへ戻る