長崎県長崎市の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

長崎県長崎市では産出した丸太の多くが市外に原木の状態のまま出荷されていくため、産出する量は割合多いが収益が市内に残すことが出来ませんでした。その上に日本で木材を消費する量が毎年少なくなってきていて、単価も安くなっていく傾向にあったため色々な対策を行い、出荷量の維持と収益の確保に努めています。

 

特に丸太を長崎県長崎市の中で製材し加工することによって収益を上げやすくし、木材市場でニーズに対する収益を市内に留めるような努力を重ねたことによって長崎県長崎市の木材市場は変動することなく安定していて、維持することが出来るようになっているのが現況です。そして新しい木材市場が拡大していますがこれは、最近韓国での木材に対するニーズが高まっていて、その地域性のメリットを活かした韓国に木材を輸出する取引も多くなってきて長崎県長崎市内の出荷量も多くなっていることも現況が良くなっている原因となっています。

 

日本で最近木材のニーズが少なくなってきている原因として挙げられるのが、住宅に対するニーズが少なくなってきたことです。ところが木造住宅のメリットが日本全国で見直されてきていて、各地で日本国内産の木材を利用した住宅のニーズが再び高まっています。日本の木材の木目の綺麗さや正確さなどが再評価されていることで、単価も上り長崎県長崎市の木材市場も色々な取り組みの効果と一緒に良くなってきているのが現況です。

 

今までに住宅のニーズは木材から鉄筋に移行していたのですが、鉄筋の耐久力が災害や地震に対して限度があることが分かってきていて、木造住宅の揺れや衝撃を効率良く分散させる耐久力の高さも見直されてきています。ですので木材市場は全体的に良くなってきているのが現況で、長崎県長崎市の木材市場でも有利な条件が揃いつつあるのです。このことから色々な対策に取り組んで、ニーズの拡大を進めています。長崎県長崎市では、林業が復活しつつある訳です。

 

 
トップへ戻る