長崎県大村市の木材市場の現況(令和元年 2019)

 

長崎県大村市は県の中央に位置する人口約95,000人(2019年6月時点)の市で、当エリアには大村湾に建設された海上空港でもある長崎空港を持つエリアで、長崎県の玄関口の役割を持つなどの理由から、年々人口が増え続けています。尚、長崎県大村市は大村湾に面した海岸線から東側にかけて集落が広がり、東側の大半は山岳地帯が広がる森林が豊富にある場所です。多良山系の西麓が広がり、その裾のに形成されているのが大村平野ですが、大村平野は長崎県の中でも数少ない平坦な場所が多いなどの特徴があります。平野部から山間部にかけてはならだかな起伏を持ち、東部には標高1,076mの経ヶ岳が聳え立つ、多良山系の切り立った山岳地帯が広がる地形を持ちます。さらに複数の河川があるので深い谷が作り出されているのも特徴です。

 

長崎県大村市の木材市場の現況の中には、豊かな森林づくりや地域の森林・林業・木材産業の発展に貢献することを目的としている組合組織があり、森林が持つ木材などの林産物の供給をはじめ、水資源の涵養や土砂流出の防止、地球温暖化防止など様々な機能を発揮させる目的で森林整備を積極的に行っています。森林づくりは木材市場に大きな影響を与えるものでもあり、適切な森林の管理は市場を活性化させるために欠かせないものです。また、管理を徹底することは土砂災害などの防止にも役立てることができる、良質な水資源の確保にも繋がるものです。

 

長崎県大村市では、森林の間伐などの実施の促進に関する特別措置法が一部改正されたことで、公式ホームページ内で案内を行っており、平成25年から32年(令和2年まで)の8年間で、市内の間伐や造林の目標面積を定めて、いつどこにある森林を、どのような業務を行うのかなどの計画を立案・実行しています。尚、ここでの業務とは森林の間伐および造林を意味するもので、適切な間伐と植林を繰り返すことが森林保護に繋がる要素です。

 

 
トップへ戻る