杉の取引状況について→記事一覧

岐阜県は、日本のほぼ中央に位置し山や川といった自然が豊かな地域です。県庁がある岐阜市の西は滋賀県と三重県に隣接する西濃地方で、東は長野県の木曽に隣接する東濃地方があり、この二つの間は中濃地方と呼ばれています。岐阜県の北は飛騨高山や白川村に郡上などがあって、飛騨地方や美濃地方と呼ばれる地域で例年冬は降雪があるのが特徴的です。そして、岐阜県の森林率は80%を超えていて全国では上位になり、森林面積も80...

愛知県では、推奨品種を決めて杉の植林を進めています。また国民的なアレルギーとも言える花粉症対策のため、花粉の少ない杉の植林にも力を入れてきました。こうした愛知県の取り組みが実を結べば、春に花粉症で悩まされる人は少なくなるかもしれません。このように愛知県がさまざまな取り組みを行っている杉の取引状況は、農林水産省が毎月公開している資料からわかります。資料に書かれている愛知県の杉に関する項目は、製品卸売...

三重県の杉に関する取引状況は、県が率先して行っている多くは建物等住宅用建材目的に用いられる用途の杉や檜等の育成や、生育に欠かせない定期的に行われる伐採、材木の加工から使用に至るワンストップ化対策がその鍵を握るものです。現況としてはまだまだ海外生産の低価格なパイン材等、輸入建材が市場では大きく幅をきかせている様な状況です。三重県は県内全域64.5パーセントを森林が占めているように、三重の風土及び気候...

日本の最も有名な戦国武将織田信長が愛知県から滋賀県に拠点を移したのは、当時首都だった京都へのアクセスのしやすさだけでなく山間部なので豊富な木材が沢山あったことで拠点を置くのに有利と考えたからです。その織田信長の狙い通りに、滋賀県は現在に至るまで関東と中部そして関西の交通の拠点として発展するだけでなく弘法杉といった質の良い木材の輸出によって住宅やお城の建築に大いに役に立ちます。そんな質の良い木材の輸...

福井県の森林面積は2019年度で約30万haとなっており、さまざまな樹木が生育している特徴が見られますが、その中でも杉の樹木が占める割合が多いです。その理由としては戦後の荒廃した建築物を建て直すために県内でも木材需要が起きており、昭和40年以降に植栽が盛んに行われた事情が存在します。杉の種類に関しては、福井県内の各地域には24種類も存在し、代表的なものは奥越地区の平泉寺杉、越前地区の味真野系、若狭...

奈良県は近畿地方の中央部に位置し、約8割の面積が山間部になっているのが特徴です。紀伊山地の5割を占めており、杉・桧の産地として全国的な知名度を誇っています。木材市場にあたる林業センターは奈良県吉野町にあり、県内と和歌山県の一部で伐採された材木はすべてここに集められて取引がおこなわれます。2019年の奈良県の杉の取引状況は、前年度の約10.4%アップの計420万トンになっています。この数値は、林野庁...

和歌山県は紀伊半島に位置する地域で、県の約8割が紀伊山地という山間部を占めています。和歌山県の代表的な産業は林業であり、江戸時代から紀伊山地で良質な杉と桧を採ることが可能です。この地域で伐採された杉や桧は江戸城建設の際の使用され、紀州出身の8代将軍・徳川吉宗が紀州藩の材木問屋をすべて幕府御用達にしたほどです。2019年5月の和歌山県の杉の取引状況は、前年比の約4.5%アップの52万トンの取り引きが...

大阪府は西日本を代表する都市で、経済・学術・産業の中核を担っている地域です。貿易に関しては大阪市港区にある南港と一部を神戸港が担っており、連日世界各国に向けての輸出と輸入をおこなっています。大阪府で取り扱っている木材は杉・赤松・桧の3種類で、主に奈良県・和歌山県・三重県で伐採されたものです。2019年5月の大阪府の杉の取引状況は、約620万トンとなっており前年度の11%アップで過去最高の取引高なの...

京都府は近畿地方の北部から中部の縦に広がっている地域で、北部は日本海側に面して冬は冷たく湿った空気が流れ込む影響で豪雪地帯となっています。県の中心部である京都市の一部のみが平野で、それ以外は杉・桧を有すす山間部という特徴から明治時代から今日まで林業が盛んです。2019年6月の京都府の杉の取引状況は、約45万トンの取り引き率で前年度よりも6.5%高くなっていることが京都府林業センターの報告者から見て...

兵庫県には、森林や木材を生産しているイメージは少ないかもしれません。しかし県土の7割は森林に覆われていて、そのうち4割は杉と桧の人工林です。都市のイメージが強い兵庫県ですが、実際には森林資源が豊富なエリアであることが良くわかるでしょう。兵庫県でもその他の都道府県と同じく、戦後や高度成長期に国内の木材需要に応えるため盛んに植林が行われました。その結果、現在ある人工林の約6割は収穫可能な樹齢46年以上...

岡山県は面積の約7割が森林で、3分の1は森林を守るための保安林になっています。森林には天然林と人工林があり、天然林は落葉樹が多く人工林は針葉樹が多いです。人工林の針葉樹では杉や檜が湯名です。岡山県北部にある市場では、地元の木材をはじめ県外からも多くの国産材が集荷されています。国内でも有数の国産材産地で、製材工場も多いです。製材工場は加工に応じて分化されています。製材工場で生産されている製材品は、高...

広島県は県土面積の約7割が森林で、豊かな自然に恵まれています。民有林面積のうち人工林は約3割で天然林が7割弱です。県北部は広葉樹林が多く、特に多いのが杉と桧です。人工林の中で製材用に用いられるのは杉と桧で、8割以上を占めています。昭和30年以降に植栽された広島県内の人工林は、伐採に適した時期に達しつつあります。生産量は調査を開始した平成22年から増加しています最近は国内外での杉の需要が増えているこ...

鳥取県は中国地方の日本海に面した県で、全国で7番目に県面積が小さく人口は全国で最も少ない県です。鳥取砂丘の印象から暑くて乾燥している地域と思われがちですが、実際には典型的な日本海型気候で、隣接する岡山県や島根県と比較しても年間平均気温は低く日照時間も少ないなど、中国山地と大陸の影響による季節風と日本海の対馬海流に大きく支配されていることが特徴です。鳥取県の総面積は35万1千ヘクタールで、森林面積は...

島根県は県土の約8割が森林です。森林率は全国3位で森林の約9割が個人や企業、県などが所有している民有林になります。民有林のうち約7割は個人が所有しています。民有林全体の蓄積量が増え伐採可能な森林が増加していますが、中でも杉の増加が顕著です。島根県は杉も桧も質が高いので、どちらの木材も取引状況は安定しています。人工林が本格的な利用期を迎えている島根県は、木材を豊富に供給できる状況です。杉の消費量が増...

山口県は、中国山地が東から西へ県の中央部を貫く形となっている地形から、県土の7割を山林が占めるという緑豊かな自然に囲まれた風土となっています。このような土地柄ですので、杉やヒノキなどの森林資源が豊富にあり、特に杉については、その昔には奈良の東大寺の修復工事に使用されたという実績もあり、優良な木材が算出される状況です。この山口県の杉の取引状況ですが、県の調べによると原木の価格では、令和元年8月時点で...

愛媛県は四国の北西に位置する県で、瀬戸内海地域の地理的な影響により降水量は比較的少なく晴天の割合が高いことが特徴で、相対的に乾燥傾向にあります。しかし、四国山地により瀬戸内海側と宇和海側では気候が異なり、冬の季節風は四国山地が風をブロックするため宇和海側は弱く、瀬戸内海側は関門海峡を吹き抜けてくるため強くなります。愛媛県の総面積は57万ヘクタールで、そのうち森林面積はおよそ40万ヘクタールと総面積...

香川県の森林面積は県土面積の約半分を占めています。植林された杉や桧の総面積は森林の16%です。植林をスタートした時期が遅いため、森林の年齢は他の県に比べて20年ほど若くなっています。長期にわたり香川県内で消費されている木材は外材が中心でしたが、最近は県産の杉や桧が成長したため状況が変わりつつあります。昔は県内に原木市場がない状態で県産木材の多くが県外に出荷されていましたが、現在は県産木材加工の拠点...

高知県は昔から林業が盛んな県のひとつで、現在でも品質の高い杉と桧を供給しています。土佐の木材は全国的に有名で、豊臣秀吉に杉と桧を献上した歴史があります。高知県の森林は、森林面積率が全国でトップです。人工林率も高く、全国で第2位を確保しています。土佐の豊かな森と清浄な水は、良質の杉と桧を生みます。高知県の民有林のうち、45年生を超えている森林は8割もあります。植栽から保育までの健全な森林の造成と、様...

徳島県は、県土面積の75%を森林が占める全国でも有数の森林県です。森林のほぼすべては国有林ではなく民有林で、その割合は徳島県全体の94%も占めています。民有林の63%は杉と桧の人工林で、その蓄積量は年々増加しています。徳島県の森林面積の82%は私有林ですが、こちらも林業の衰退が激しく管理放棄される状況も増えてきました。人工林の蓄積量が増えたり管理を放棄する私有林が増えている理由は、木材価格の低迷で...

福岡県の人工林面積は12万8千haもあり、その9割以上が杉またはヒノキ林となっています。このうち建築材料として利用可能な樹齢41年以上の森林は9万5千haと全体の7割を占め、今は生長量が伐採量を上回っているため、杉の蓄積量は増加を続けています。福岡県には、うきは市という林業の盛んな地域に杉工場があります。ここでは明治時代から主に学校で使う机や椅子などの学校家具を多く製造しています。近くに同じく林業...

大分県は杉の名産地として非常に有名です。全国第三位の丸太生産量を誇っており、そのために大分県の杉の取引状況は毎年全国トップレベルであり、2019年も上位を誇る取引状況となっています。大分県は日本の中でも気候が温暖な地域であり、また森林の面積も県の面積に対する割合では上位に属します。そのため林業が比較的盛んな地域となっており、丸太の生産量では全国でも非常に多いのが特徴の件です。また、この地域の木材は...

佐賀県の森林面積は県土の5割弱で、天然林はほとんどなく杉や桧などの人工林が多いです。人工林は森林全体の7割近くを占め、人工林率では全国トップを誇ります。最近では国内の需要と国外への輸出量が増えたこともあり、杉など県産材の取引状況は良い状況が続いています。木材の需要を高める施策は県によって異なります。佐賀県では各地で様々な取り組みが行われています。県外からも注目されているのが多良岳200年の森づくり...

長崎県は森林の面積が6割を占めています。樹種で多いのは杉と桧です。針葉樹の杉は軽くて柔らかいのが特徴で、割って角材から板材まで作ることができます。比較的簡単に加工できるため、現代社会のように大型機械がなかった時代から利用されています。容易に乾燥することができ、心材に独特の芳香があるので木の香りを楽しむことができます。杉は様々な分野で活用されていますが、特に多く使われているのが建築関係です。建築の建...

熊本県内の各地には、さまざまな杉の品種が植えられています。県下一円にはアヤスギやメアサ、県北にはホンスギで菊池地方にはリュウノヒゲにクモトオシ、そして阿蘇地方にはエドスギと多品種の杉があるのが熊本県の特徴です。それぞれの品種で心材の色が赤褐色だったり黒褐色だったり、耐寒性が高かったり耐雪性が高かったりと特徴も異なっています。このようにさまざまな品種の杉が植えられている熊本県では、葉付き乾燥材を奨励...

宮崎県は日照時間と降水量が全国でも上位で、県民所得に占める第一次産業の割合が国内で最も高い県です。中でも林業は国産建築材料の供給基地の役割を担っており、安定した所得と林業の担い手が確保された魅力ある産業として、県の大きな財源のひとつとなっています。宮崎県の森林面積は約59万ヘクタールで県土の約76パーセントが森林で占められており、民有林と国有林の割合は7対3で、生産される木材の量は北海道に次ぐ全国...

鹿児島県の林野率は7割弱で、森林の内訳は民有林が約8割で国有林が2割弱です。民有林の現況は人工林率が約5割で、杉と桧が樹種の中心になっています。里山を中心に広葉樹や竹林が分布しています。杉と桧の構成を見ると、桧の方が杉より少し多いです。林分の成長と資源の充実に伴い、利用間伐の推進が林業における重要なポイントとなっています。杉と桧の人工林は、間伐を必要とする森林が数多く存在します。鹿児島県では、平成...

沖縄県は日本の中でも最西端に位置する県で、沖縄本島をはじめ宮古島・石垣島・西表島などの島々で構成されている場所です。沖縄県は四方を海で囲まれた環境、そして島の中央には隆起した山地が広がるなどの特徴を持つ場所です。漁業や農業の産業だけでなく林業においても盛んに行われている、木材の需要も比較的高い県です。ちなみに、沖縄県には杉などの花粉症の人が少ないといわれているようですが、このような噂が広がったこと...

北海道では林業や木材産業に携わる人々の経営改善などの取り組みを行っており、その一つに無利子で資金の貸付を行う政策を打ち出しています。貸付限度額は個人が1,500万円で法人が3,000万円、団体においては5,000万円を上限としており木材生産に係る事業を実施する場合においては1億円の貸付を無利息で行っているようです。資金を利用可能にする取り組みには生産性や品質向上、新しい事業展開に必要となる機械や施...

青森県は豊かな自然を誇る県で、世界自然遺産で有名な白神山地があります。森林面積は全国で9番目に大きく、多種多様な樹木がバランスよく分布しています。美しい森林地帯は林業だけでなく観光にも利用されます。青森県で最も多い木は杉で、長い年月をかけて育った杉が建築など様々な用途に使われています。青森県の杉は全国で4番目の人工林面積があり、県では需要を拡大させるために様々な施策を展開中です。技術革新により林業...

岩手県と杉は切っても切れない関係です。元々この樹木は日本の固有種で、古代から国内に自生していました。伊勢神宮や大神神社など古来の信仰と深く関わっており、その背景には自然物に神様の姿を見出していた日本人ならではの宗教観がうかがえます。そんな杉はご神木としてだけでなく、戦後に行われた拡大造林の素材になった事で有名です。実際に約12パーセントの国内の森林は杉であると言われています。岩手県にも杉山や杉林は...

秋田杉は、木曽ヒノキや青森のヒバと並び天然の日本三大美林の一つに数えられています。それほどまでに全国的にも有名な秋田県の杉なので、取引状況も悪くありません。特に秋田県で取引状況が良いのは、天然の杉です。人工林で伐採された杉は秋田県でもそれほど高く取引されていませんが、天然物は違います。天然林で伐採されたものは非常に希少で、数も限られておりなかなか手に入れることができません。そのため秋田県では天然り...

山形県では数多くの樹木が育っています。県を代表する樹種の中で、最も知られているのが杉です。苗木を造って山に植え、下草刈りや間伐などをして丁寧に育てたものがスギ材になります。山に植えてから60年程度で利用できる時期を迎えます。利用時期が到来したら木を伐採して製材し、乾燥させて建築などに利用します。木材は再生可能な資源で、植えて育てて使用するというサイクルを繰り返して豊かな森林が保たれています。山形県...

宮城県は東北地方の南東部に位置する県で、県西部は山間地、東部は平野が広がっており、冬季は山間地で降雪が多いものの太平洋側気候に分類された通年穏やかな風土が特徴です。総面積はおよそ72万8千ヘクタールで、そのうち森林面積は41万7千ヘクタールと全体の約57パーセントを占め、内訳は民有林が28万6千ヘクタール、国有林が13万1千ヘクタールとなっています。人工林面積は森林面積の48パーセントのおよそ19...

福島県の森林面積は県の面積の約7割を占めています。森林には天然林と人工林があり、福島県の森林のうち杉や桧などの苗木を人が植えて育てる人工林は約4割です。森林が成長するには、長い年月がかかります。福島県には豊富な森林備蓄材があり、県では様々な取り組みを行っています。人工林は杉が約8割を占め、流通量も豊富です。豊富な資源を有効活用するために、県も企業も様々な提案を行っています。品質の高い木材はニーズが...

現代の社会は、循環型の社会を構築することが重要視されるようになってきました。循環させるには、現在の限られた資源量を把握することがスタートになります。資源の量を把握することは、どのような方法で効果的にリサイクルを促進させるかを考えるきっかけです。私たちは普段の生活をしていると、自然界に存在している資源のありがたみを忘れてしまいます。自然界に対する感謝の気持ちを忘れてしまうと、何をやっても許される風土...

宇都宮市の餃子や観光地の日光及び那須など目玉が多い北関東の栃木県は内陸県ですが、その気候は太平洋側の地域の特性が強いです。そのため基本的には風の影響を受けやすく、南風が吹けば夏の降水量が多いものの、北風が吹けば乾燥をもたらします。太平洋側気候と言えば温暖な気温が多いですが、栃木県では夏の高温多湿と冬の乾燥が特徴的です。特に冬の風は強く、「二荒おろし」や「那須おろし」などと呼ばれています。他にも特徴...

茨城県といえば何年も連続して魅力度ランキングで最下位になるなど、不遇なイメージがあるところです。しかし実際には、首都圏、特に東京に近く、また非常に広い平野部を持っており、農業生産や漁獲量などが豊かな地域でもあります。広さの割に山間部の面積はそれほど大きくありませんが、林業も盛んであり、杉やヒノキなどの他、松やクヌギなど様々な木材が流通しているところです。そんな茨城県の杉の取引状況ですが、ここしばら...

群馬県は南北の気温差が激しく、標高差も大きい地域が目立つので県内では地域によって気候が異なります。この理由は県内を覆っている気候が日本海側気候や中央高地式気候、さらに亜寒帯湿潤気候など様々な気候が絡み合っているからです。かといって過ごしやすい温暖な地域はなく、雪は少ないものの、風が強い土地もあれば真冬日はないものの、夏は厳しい土地のようにそれぞれで一長一短あります。そんな群馬県において杉は珍しくな...

埼玉県は東京のベッドタウンであり、非常に都会的な印象を受けますが実は県の半分は森林地域であり、林業も比較的盛んな事はあまり知られていません。そのため、埼玉県産の木材と言うと驚く人も多いのですが、実は埼玉県は杉の名産地でもよく知られているのです。杉の取引状況は多くの人がその需要がほとんどであると考えがちなのですが、実際は生産量も比較的多く生産量も比較的多く、また市場では人気が高いため2019年の取引...

東京都はコンクリートジャングルのイメージが強いエリアではありますが、都内の中でも東京市エリアにおいては奥多摩や高尾山エリアなどのような山地が形成されているエリアも多くあり、都心部から1時間前後で自然が豊富にある場所に行くことができます。東京都の多摩エリアにおける杉などの人工林に林齢構成を見たとき、51年から60年生の林齢が最も多く、これに続くのが41年〜50年生や60〜70年生の樹木が多いといわれ...

千葉県は海の県と言うイメージがありますが、実際には千葉県の杉の取引状況は、2019年も堅調な伸びを示しています。その背景には伝統的な銘木とも言われる山武杉があります。山武杉は千葉県の現在の山武市の森林で育成される杉で、独特の赤みがかった美しい木目が特徴です。その木目ゆえに高級家具や高級テーブルの天板に用いられることも多く、次に独特の耐久性の良さと美しい木目で多くの人を魅了するものとなっています。ま...

神奈川県は東京都に続いて人口が多い県、相模湾や東京湾などの海に面した地域もありますし、北側や西側地域は山間部が広がるエリアでもあり、神奈川県には自然を感じることができる場所が豊富にある県です。神奈川県では花粉発生原対策として様々な取り組みが行われています。花粉症は植物の花粉により起きるアレルギー症状で、国内においては杉花粉によるアレルギーによる患者の数が最も多いとされます。杉よりも少し遅れて花粉が...

静岡県の杉の取引状況は、近年の木造家屋の建築の増加もあり、非常に芳しい状況となっています。一時期には木造建築の減少や杉の原木の不足によって落ち込んだ時期がありましたが、現在ではその消費量が増えており、取引量が増えているのです。その背景には昨今の災害による住宅の再建が増加していること、そして地震などの自然環境の変化で木造建築に対する一般の人の要望が大きく変化していることにあります。木造建築は古くから...

山梨県はぶどうの産地として知られており、また平地が多いことから林業とはあまり縁がないと考える人も少なくありません。しかし、県域全体では山岳部も比較的多いことから、林業も非常に盛んな地域となっています。その中でも、特に杉や桧は古くから非常に多く栽培されており、その取引状況も芳しいものとなっているのが現状です。日本国内全体では、木材の需要が少なくなっている傾向があります。しかも最近では外国産の木材も非...

長野県は日本のほぼ中央に位置し、内陸部にある県です。面積は非常に広く、北海道を除いた本州の中では3番目、北海道を入れた全都道府県の中でも4番目という広さを誇っています。それだけではなく、山林が非常に多いことも特徴であり、大昔から日本の林業を支え続けてきた地域だと言えるでしょう。日照時間もとても長く、杉やヒノキなど大型の材木がよく育つということでも知られています。そんな長野県での杉の取引状況ですが、...

富山県は日本列島の中央北部に位置し、三方を急峻な山々に囲まれ天然の生け簀といわれる深い湾を挟んで日本海に面しています。古くから家づくりに杉を使用してきた歴史があり、主に柱として使われてきました。現在でも富山県内の人工林の大部分に植栽されており、生産される一般材や間伐材のほとんどが杉です。県を代表する主な杉にはタテヤマスギ・ボカスギ・マスヤマスギの3種類があり、その中でも県東部の山岳地帯に自生するタ...

石川県の県土の約68%を森林面積が占めており、能登地域・加賀地域などでもよく見られます。特に内陸側が豊かな山間部が広がっており、県の東側に主に森林などの樹木が生い茂る地域が広がっているのが現況です。森林面積は28万6千haとなり、そのうち民有林が25万2千haで戦後の復興のために住宅などの建造物で木材が必要とされたことで、植栽が広く行われ森林面積が拡大した経緯も見られます。実際に石川県内で植栽を推...

トップへ戻る