中国主要都市の木材市場の現状→記事一覧

済寧市は中国の中でも北京に近い場所にあり、近くに中国の最大の川である黄河があります。平野部が多いので、林業は行いやすく中国国内の木材市場に貢献しています。ただし林業よりも炭鉱や農業、淡水魚の捕獲などの産業が中心で中国の内陸部に比べるとそれほど林業が活発であるとは言えないでしょう。観光地化もされておらず、富裕層も少ないので木材市場の価格は横ばいです。一方で、南側には南京があり北側には北京があることか...

2008年の北京オリンピックや2010年の上海万博開催などをきっかけに、中国の木材市場や建築市場は急速に拡大しており2018年現在でもその好景気の名残が残っています。中国バブルがいつはじけるか分からないと言われている昨今ではあるものの、木材市場に限定して言えば極端に景気が悪いということはないのです。安陽市の木材市場も売り買いが非常に活発な巨大市場を維持しており、特に中国国内でも所得の伸びの著しい沿...

中国の陝西省にある宝鶏市は、日本からは直線的なルートで訪れることが難しい、とても離れた場所にあります。経度的には九州に近く、気温やその他の気候も似ているといえますが、湿度は高く乾燥気味の傾向となっています。街は都市開発が進んでおり、それに伴い森林伐採も行われてるものの、いたるところで木を見掛ける機会があるのも実際のところです。つまり、闇雲に伐採しているわけではなく、環境を考えながら木材市場に流通さ...

中国の中央部に位置する南陽市は北部と東部、西部の三方は山に囲まれ、南部は広大な盆地になっているのが特徴の土地柄です。日本との時差は1時間遅れの北緯32度5分東経112度に位置しています。市の行政区域内には1市2区10県を管轄し、人口およそ1千万人、面積は26600平方qを有する河南省野中でも最大の都市になっています。古代から文明が栄えていた南陽市は中国の歴史や文化の中心地としても有名で、1986年...

蒼南県は中国の浙江省にあって、東シナ海に面している広範囲の地域を指します。地理的には台湾や日本の沖縄に近く、そこには約120万人の人たちが暮らしています。面積は沖縄の約半分で、一方の人口は近いですから、人口密度が高いイメージだといえるでしょう。蒼南県は海が特徴な場所ですし、街は開発が進んでいることから、あまり木材が積極的に生産されたり輸出している印象ではないです。しかし、陸地には山々があって膨大な...

連雲港市は黄海に面した港町で、北には山東半島の青島市があり南には直轄市上海が存在し、蘭州へ至る鉄道の起点でもあります。つまり輸送にとっての要衝の町といえるでしょう。その点では木材に関しても例外ではなく、連雲港市が属する江蘇省は木質ボードの四大産地の一つに数えられます。かつては合板の生産量が四大産地で六割を超えた時代もあり、家具やフローリングの生産も盛んでした。時代と共に木材の貿易港としての役割を担...

本渓市は中国の北方に位置し、遼東半島の付け根部分に存在する都市です。過去には高句麗によって支配された時代もあり、近世では日本の侵略による満州とも呼ばれた時代も存在します。周辺地域は鉱物資源が豊富に産出する地域で、鉄鉱石や石炭が採掘されるため、それを活用した工業が発展した都市であり地域の主要な産業の一つになっています。一方では山間地域では多くの森林が広がり、木材市場に提供する木材をも産出している地域...

日照市は、中国山東省南部にある黄海の海州湾に面した市で、東には青島市が位置しています。日本では中国向けの木材や木造住宅の輸出実績などから考えた時、わが国の木材業界は欧米国と比べ、まだこれから中国市場への開拓をより広く展開すべき状況にあると考えられています。そのため、更なる木材市場獲得の輸出競争強化といった視点が必要とされているといわれています。日照市の位置する山東省では現在、地元工場のニーズにより...

開封市(中国)は、中国国内でも内陸部に属するところになります。歴史のあるところで様々なお寺などが構えており刊行する場合には寺院もあるのが基本になるでしょう。そんな開封市(中国)の木材に関する状況ですが、基本的には木材市場自体は昔に比べると規模が若干拡大している傾向があるわけです。現況は、中国国内に輸送をしている可能性も高いですがそれだけではなく海外に輸出している傾向が見受けられます。もともと、国力...

南充市は四川盆地の北東に位置する地域で、25%が森林地域と言う非常に山の多い地域となっていますが、その森林の利用はあまり積極的ではありません。現在では土砂流出が深刻となっており、森林の伐採等は行われていない実態があるんです。しかし、四川地域の要所となっており、総人口が730万人、都市部の人口が68万人と言う、とても人口の多い地域であるため住宅問題が非常に深刻となっている地域でもあります。その中で近...

チチハル市は、中国の中でも内陸部の都市で知られていますが、最近は観光地としても人気がある場所の一つになります。このような場所では、様々な産業が発展していますが何も観光産業だけではなく木材に関する産業も盛んにおこなわれているのが現状です。2019年の木材市場を見てみると、現況としては横ばいになっている可能性が高くなるでしょう。もともと、この地方においては、冬は寒くマイナス20度になることも少なくあり...

錦州市は多く、2015年には300万人を超える勢いになっています。2019年においても人口の増加は順調で、都市部を始めとして住宅の需要が多くなってきているのが大きな特徴です。以前から軍事施設などの要所として知られている錦州市でしたが、各地方を結んでいる交通の要所としての顔を持ち合わせている場所になります。交通網の発達は、物資の輸送にも適していると言うことが可能です。遠方から石油を始め各資源の調達が...

赤峰市は中国の内モンゴル自治東南部に位置する市です。気候区分上はステップ気候に属しています。そのため、冬は寒冷乾燥が厳しく、夏になると温暖かつ多雨な気候となります。それゆえに木材を生産することは容易でなく、木材への需要は高いです。歴史的に見ればシラムレン川、ラオハ川流域は中国文明を支えてきました。増加する人口により、住宅への需要が高まりを見せてきました。住宅に使われる木材の購入を希望する方も多く、...

焦作市の木材市場の現況としては、相場が上昇傾向にあると言えます。中国は森林覆蓋面積が151億立方メートルで正解有数の規模を誇ります。しかし覆蓋率は20%ほどと低く1人あたりの森林面積も小さいのが特徴です。特に林業が盛んというわけではありません。一方で中国の材木消費量は世界第2位の規模となっています。中国には木材に対する大きな需要が存在しますが、供給量が限定的なため焦作市の木材市場の相場は上昇傾向に...

西寧市は、中華人民共和国の青海省の省都になり、人口は205万人3つの県から構成される都市です。チベット高原の最古の街です。内陸部になりますから沿岸部と違って経済発展からは遅れています。素朴な感じの都市です。チベット族・モンゴル族が多い町で、ステップ気候により標高が高い高原都市です。国内の木材市場の現況では、チベット産木材の入り口として好況に推移しています。チベットは、山岳部も多く木材資源は中国国内...

湘潭市は、中華人民共和国湖南省に位置しており面積が5006平方メートルで湖南省中央部よりやや東、長沙から南へくだった所になります。人口283万人近代的な都市づくりが進んでいるのです。湘水と漣水との合流点にあり,水陸の交通に利便性を有するので工業が発達して湘江流域および江西省西部の物産の大集散地として商業活動が活発で,都市開発にともなう木材市場も現況では活況を呈しています。物流の拠点として大きな役割...

秦皇島市は首都北京からわずか2時間ほどのところにある大都市で、秦皇島港は中国最大の、原油や石炭などのエネルギー輸出港となっています。1984年に経済開発区に指定されて以来の発展は目覚ましく、都市の発展形成に欠かせない木材の需要は相当なものであり、その木材市場は重要な役割を担っています。日系企業がいくつも進出している都市であり、現況、太平洋セメントや旭硝子おおびジーマックスなどが事業所を置いているよ...

淮北市は中国安徽省北部に位置する都市で、人口およそ212万人と安徽省に16ある市の中で13番目に少ない人口です。面積は日本の香川県の1.5倍近くもありますが中国の中ではかなり小さな市で、市内には空港が無く、高速道路も通じていないことから経済的に豊かな市とは言えません。安徽省全体では鉄鋼や石炭など第2次産業の占める割合が高く淮北市でも同じく鉱業が中心です。農業など第1次産業は主に食糧と綿の生産が中心...

新郷市は中華人民共和国河南省の北部に位置する都市で、中国では「地級市」と分類されています。安陽市や鶴壁市、開封市に焦作市といった合計8つの都市や省に隣接している新郷市の総面積は8629並行キロメートルです。2014年時点における総人口は600万人以上とされています。木材市場と深い関係にある森林資源よりもマーケットや二次産業、あるいは三次産業のイメージが強い都市です。それは新郷市が北京から広州を繋ぐ...

塩城市は中国江蘇省北東部の市で、黄海に面して位置しております。面積は江蘇省第一位で人口は江蘇省では第二位を誇っています。大豊港は日本の門司港や長崎港、博多港と定期運行船が就航していて、韓国の仁川港や釜山港とも定期運行されております。塩城市には南洋国際空港があり、国内は北京やハルピン、大連、上海、広州、昆明、海南島と接続しています。国際便では香港や台湾や仁川空港への航路もあるのです。鉄道に関しては目...

桂林市は林立している石灰岩で有名な、中国にあるタワーカルストの都市です。標高153mという高さにあるこの都市は、美しい湖がある観光地としても知られています。風景は絵になる幻想的な景色で、観光に訪れてみたいという人が少なくないです。自然環境が充実していますから、木材市場も気になるところですが、現況は控えめでそれほど影響力はないといえるでしょう。具体的には、木材が採れるので外部に買い求める必要はあまり...

張家口市は中国河北省北西部にある都市です。「北京の北門と呼ばれことがあります。北京の北に位置する万里の長城の主要な門の一つである大境門近くにあって、この地は北京の守りの上でも、あるいは北京を攻める場合も、非常に重要な場となっていると言われてきました。市の北部は高原であって、南部は洋河の谷間になっています。張家口市の市域部は清水河をはさんで両岸に広がっていて、東と西と北の三面は山に囲まれているところ...

我が国では以前から豊富な森林資源を巨大な木材産業に育て上げ、木材市場は活性化していました。戦後、建築物の巨大化と集約化が進み、耐震性能の要求の高まりもあって、鉄筋コンクリート造の建物が急激に増えましたが、内装に関しては従来と変わらずに木材を採用しています。一般住宅では耐震と防火性能の要求を満たした木材住宅が多く、木にまつわる市場は閉塞はしていません。諸外国においても、その土地ならではの種類の木材を...

湛江市周辺地域には、家具製造企業が多数集まり、主に国内向けの家具を数多く製造しています。湛江市の国道沿いにはその家具の販売所が並び、湛江市の木材市場も注目されています。現況においても中国の経済発展は続いており、家具への高い需要も続いているようです。湛江市では、合板の生産でも有名です。2009年に日本の農林水産省が、林産物外国認定工場として、湛江市内にある合板製作事業所を2つも認定しています。合板に...

宜昌市は、中華人民共和国の湖北省西部に位置しており長江の下流域の港町です。貨物船の寄港地で世界で買い付けた木材が集積する港町です。宜昌市の木材市場の現況は、活発に行われており良いものを求めてロシア・北ヨーロッパ・南部ヨーロッパからくる資材のいったん積み下ろしをする港として知られています。中国では、高層ビルディングやタワーマンションが林立する状態がこの数年続いています。中国人は、部屋に内装にふんだん...

遵義市は、中華人民共和国の貴州省に属する人口69万人の都市になります。貴州省の北部に位置して雲貴光源と呼ばれる標高1000m程度の起伏に富んだ高原地帯で森林資源も豊富にある地域です。このため亜熱帯である気候も影響して樹木の生長も良く適切な建築資材の国内の供給原での役割を果たしています。少数民族が30%以上を占めており、面積の55%が少数民族の自治区になっているのです。近年これらの民俗が観光資源化し...

馬鞍山市は中国内の大都市のひとつであり、230万人もの人口をかかえているため、木材の需要は相当高く、その市場は無視できないものとなっています。主要産業は鉄鋼業であり、木材産業が盛んというわけではありませんが、鉄鋼業には数多くの雇用がありますから、その住宅建設などに木材が大量に必要となります。鉄鋼プラントは拡大しており、ますますの人口流入が見込まれます。基幹産業である鉄鋼業が発展したため、他の産業も...

常熟市は中国の江蘇省に位置しており、土地が肥沃なところに市の名前は由来しております。常熟市で盛んな産業には、紡績、機械、エレクトロニクスなどの工業があります。常熟市は長い歴史と広大な自然環境に恵まれており、また呉文化の発祥地の一つとしても高い関心を集めています。中国だけにとどまらず、世界の各国から多くの観光客が訪問しております。見どころとしては、幾重にも連なっている山々と、たくさんの湖が市の中心部...

中国の木材市場は、経済の発展による旺盛な住宅建設と都市化、2008年に行われた北京オリンピックや2010年の上海万博開催に伴い、拡大の一途を辿っています。中国の木材市場の現況として以下のことがあります。中国の従来のマンションは内装まで行わず、スケルトン方式で売買が殆どでしたが、現在は内装の高水準化が進められ、内装材料として木材の利用が拡大するようになりました。又、中国の多くの家具メーカーは現場で採...

吉林市は北朝鮮の北部に位置している中国の都市であり、冬は非常に寒い傾向にあります。地下鉄や路面電車などが整備されておらず、北京などとは違って都市開発が遅れています。中国人だけでなく北朝鮮の国民も移住者として生活している傾向にあり、かつては木材市場は北朝鮮からの輸入によって成り立っていました。現況としては吉林市の付近にある山岳地帯から木材を生産して、都市部に輸送したり国外に輸出したりしています。中国...

銀川市は中国の中央に位置している内陸部の都市です。観光地化がされており、日本人だけでなくロシア人やモンゴル人の観光客も存在します。内陸の地域なので日本から木材の輸出はかなり難しいです。輸送にコストが掛かってしまうので、結果的に販売単価が上昇してしまいます。ブランド化によって銀川市の木材市場を展開していく方法が一番有効であると言えるでしょう。しかし現況では都市部を中心に富裕層が存在していますが、北京...

無錫市は観光名所が多く、都市開発が進んだことによってオフィスビルが立ち並んでいる地域です。そのため木材市場としては生産よりも消費側にあります。現況では地価の高騰によって木造製品の価格が高くなっていることから、富裕層にしか高級な製品は販売できません。しかし、人口は他の地域よりも比較的多いので、ブランド化された木材製品であれば高く売買できるでしょう。物価高と物流コストの高騰の問題を考慮して、市場を展開...

広西自治区南寧市周辺は、南方における木質ボード産業一大集積地となっており、木材市場は活況を呈しています。中国の経済発展に伴い、木質ボードの需要は増すばかりであり、南寧市を含む平野や低丘陵地帯のユーカリ造林重要性は、現況では極めて高いものとなっています。この地のユーカリ造林は、1980年代に育種技術が発展したことで、盛んにおこなわれるようになりました。1990年代前半には、国内内用および輸出向けの製...

貴陽市は中国にある町です。市内に森林が多いという特徴があります。現在中国では製造業及びIT関連事業が経済を支える産業となっていますが、この地では林業などの産業が経済に貢献しています。この市の木材市場を考える上では時代背景を考慮しておく必要があります。古来から少数民族が割拠し、戦国時代には夜郎国の地となっていました。時代は流れ、1949年になると共産党軍がこの地へと入場し、人民政府を成立させました。...

蘭州市は中国の街の1つです。石油工業が発達しているのが大きな特徴です。石油工業は木材とあまり関係がないと思われる方が多いかもしれませんが、工業が盛んになるにつれて木材需要も高まっています。この地が産業的に恵まれていたのはシルクロードの要衝としての役割を担ってきたからです。秦の昭王の時代には隴西郡の地となりました。漢の時代には金城郡が設置されたとされます。この町は標高約1,600mの高原地帯に位置し...

恵州市は広東省の中でも広い面積を有する都市で、人口も500万人に迫る勢いを見せています。恵州市に住んでいる人以外にも、工業などで働くため他の地域から大勢の人々が訪れているのが大きな特徴です。広大な面積を誇る恵州市ですが、有名になっているには工場をはじめとした産業ばかりではありません。広東省の中でも広い面積を持っていますが、自然環境が美しく大変整備されていることもこの都市の大きな特徴ということが可能...

常州市は電子機械や軽工業などを中心とした経済都市です。都市の中心にはオフィスビルが立ち並んでいて、地方には歴史的な建造物が目立ちます。木材市場においては生産よりも消費が多いでしょう。特に木材を原料としているオフィス関係の製品は軒並み需要が高いです。地方ではそれほどではありませんが、都心部の不動産の価値は非常に高いので、物価が高くなっています。物流コストは平均的ですが物価高によって木材製品が販売しに...

江陰市は歴史的な建造物が多く、観光客が多い中国の都市のひとつです。木材市場においてはあまり期待できない傾向にあり、住宅の建築や都市開発などは行われていない傾向から木材の需要はほとんど無いのが現況です。しかし歴史的な建造物の殆どは災害や老朽化によって修繕が必要なものがあります。歴史的な建造物に使用されているヒノキやカヤなどの高級な木材であれば一定の需要を手に入れることができるでしょう。もちろん歴史的...

徐州市に属する邵州市には、1990年代前半からポプラ人工林材を主な原料とした木質ボード産業が集積し、発展してきました。2008年の時点で、当地には3,000を超す木質ボード製造企業があり、年間生産量は1,000万立方メートルにもなっていたほどです。その殆どが合板のようです。徐州市から大貿易港である江蘇省連雲港まではわずか100キロメートルであり、しかも港までは平坦な道が続きます。立地の面でたいへん...

鞍山市の木材市場の現況は、近年非常にその消費量が上昇しています。その理由は中国全体が木材需要が増え始めていること、さらに鞍山市が近年従来の鉄鋼中心の産業から都会の様々な産業へと軸足を移しており、全体的に文化水準が高まる傾向があるため住宅に対する木材の使用が非常に頻繁になっているためです。鞍山市は古くから鉄鉱石の産地として知られています。2つの連なる山を抱え、その姿から地名が命名されたと言われている...

日本のバブルにも似た中国の好景気に支えられて、高級住宅や高級志向の強い建造物などの施設が唐山市では次々に建てられています。つまり唐山市の木材市場はかなり良好だということなのですが、中国木材市場の旺盛な需要を受け日本産の木材の輸出が急拡大を続けているといったデータもありますので、決して日本にとっても他人事ではありません。安い木材は国内で、品質と共に値段の高い木材は海外から取り寄せて唐山市内で捌いてい...

包頭市は中国の中でもモンゴルに最も近い場所にある地域です。山岳地帯に覆われているので他の都市とは違って林業が盛んですが、都市開発に失敗してゴーストタウン化しています。不動産としての価値はほとんど無く、包頭市では木材市場において消費よりも生産が中心になっているのが現況です。他にも包頭市は鉄鋼業やレアアースの採掘が盛んで、採掘量が今後増えていくと、産業による収益が増えていくことが予想されます。採掘業が...

中国山東省の山東半島に所在する煙台市は、典型的な港湾都市です。山東省の中では最大の漁港であって、かなり早い段階で対外経済開放された沿岸都市の中に名を連ねております。その関係もあって、今も産業都市としての急速な発展ぶりには目をみはるものがあります。経済発展した要因には、中国でも指折りの良好な環境、美しい景観、恵まれた投資環境などがあげられています。観光地としてもゆるがない人気を誇っていて、海岸線沿い...

慈渓市は南京の近くで経済特区に位置している地域の一部です。鉄道はありますが、中央都市とは違ってオフィスビル等は立ち並んでおらず、地価もそれほど高くはありませんが電子機器などの産業が中心になっています。木材市場としては生産よりも消費のほうが多い点が現況で、生産数は比較的多くありません。最近では東南アジアなどの諸外国からの輸入によって木材市場が成り立っています。幸い慈渓市は港からの距離はあまり遠くない...

台州市は海に面した都市であり、諸外国からの輸入を行うための船が沢山停泊しています。もちろん木材の輸送船も例外ではなく東南アジアや日本からの輸入品もあります。台州市の木材市場は生産よりも消費の傾向があり、現況はオフィス街で電子工業を中心に展開されているので木材を生産する工場は殆どありません。富裕層も在住しているので高価な木材も比較的容易に売買できるでしょう。ただし、中国経済は現在停滞を強いられている...

南通市は古くから観光名所として栄え、多くの観光客が訪れる地域となっていますが、近年では中国全体の都市化とともに居住地域は近代的な住宅が増えていることもあり木材の需要が非常に大きくなっています。これにより木材市場の現況は非常に好調となっており、海外から多くの木材を輸入しているのが実態です、南通市は江蘇省東南部に位置する地域で、長江の下流に位置するためその地形は長江の土砂が堆積し成り立っていることから...

地勢はきわめて平坦であることから住宅や建造物が建てやすいといった特徴を持っている淮安市では、国外に輸出する木材や資材よりも周辺地域で消費される木材が活発に売買されていることで知られています。2018年度は大型ショッピングセンタやホテル、娯楽施設や高級一戸建て住宅などの建築需要から淮安市の木材市場における景気は十分に好調だったと言えるでしょう。この傾向は2019年も維持されるのではないかと予想されて...

海口市では前漢の時代に海南島が、中原の影響下に入りました。宋代には海口浦が設置されて、同市の地名の由来となったわけです。政争に破れた蘇軾が、現在の五公祠に投宿しました。元代に入ると瓊州郡民按撫舶司が置かれ、海南島での貿易監督の任にあたりました。現在の海口市は沢山のビルが、雨後の竹の子のように立ち並んでいます。将にかつての上海を想わせるような光景が、繰り広げられています。ホテル通りにはヤシの木が植え...

フフホト市はモンゴルの古都と、近隣にある4つの県などが集まってできている地級市です。街には特徴的な中国式の建造物やチベット寺院があって、独特かつ魅力的な雰囲気を醸し出しています。モンゴルでは移動式の住居ゲルが有名ですが、フフホト市では閉塞感を嫌う人が多いので、このゲルに関する木材の需要は限られます。しかし、現地で使う需要が全くないわけではありませんから、小規模ながらも木材市場は存在します。また、ロ...

世界の木材需要は高まってきており、至るところで木材を伐採して活用する取り組みが進んでいます。現代にかけて木の活用方法は幅広くなっており、消費量は徐々に高くなっている特徴があります。その状況で日本では、世界から丸太を集めない傾向が強くなってきており、国内市場で丸太を安定的に確保することが課題になっています。日本の森林が少しずつ、毎年伐採が繰り返されるようになり、自然を保護する動きも活発になりつつあり...

寧波市は中国浙江省に位置する都市で、杭州湾南岸から三門湾に至る沿海部を占める港湾都市です。中でも寧波港は世界一の貨物取扱量があり、商工業が発達しているため日本を始め世界の大手メーカーが進出しています。国際空港があるほか、鉄道やバスなどの公共交通機関も発達し、寧波市と上海を結ぶ杭州湾海上大橋や高速道路網など交通の要衝地でもあります。寧波市は国家ハイテク産業開発区に指定されているため紡績などの軽工業や...

日本は資源が乏しいイメージの国ですが、常習市や淮南市など中国の木材市場の需要を受けて日本産木材の輸出が急拡大しています。常州市は中国江蘇省の南部に位置しており、2千5百年の歴史を誇る街です。風光明媚な場所として知られており、名所や旧跡が数多く残っています。近年はモデル工業都市として指定されており、発展著しい都市の一つです。そうした背景もあって、住宅などに関する木材需要も伸びているわけです。大阪府高...

臨沂市は山東省の東南部に位置し、その名称の由来は沂水という河川に臨んだエリアに存在することから名付けられた経緯があります。地域の特徴としては豊かな森林が広がる地域が存在し、良質な木材を供給する役割も担っています。もっとも木材の供給地であるのと同時に、1980年代より木材産業の企業が集積している特徴も見られ、特に建物建設に欠かすことができない合板を中心にした木質ボード製品を加工する企業が集まっていま...

保定市は中華人民共和国河北省にある市で、河北省の旧省都であった街です。この街は、20世紀初頭から鉄道インフラの整備や炭鉱開発によって近代工業化が起こり、現在は内陸交通の要衝として首都北京から放射状に伸びている多くの鉄道幹線や高速道路網の中継地としての役割を果たしています。保定市では北京や天津のインフラや消費人口を生かした外資導入や改革開放政策などが積極的に進められています。保定市の主要産業は鉄鋼や...

義烏市は中国の南東の沿海岸に位置する都市で、南京市の南方・浙江省に位置します。杭州市より南に100kmほど内陸部に入った場所にあり、義烏市の地域的な特徴としては中国東部最大の物流拠点になっています。六区に及ぶ貿易区が広がり、2002年より徐々に区域を拡大しており、現在では様々な日用品が集まる拠点としてます。このように日用品の卸売り市場が市内に広がり、多くの問屋街を形成し、世界的な日用品の取引の中心...

中国の住宅市場は、2008年の北京オリンピックと2010年の上海万博の開催、住宅建設需要の増大と都市化推進政策などの要因で、かなりの規模で推移しています。中国国内の沿岸地域は住民の所得の伸びがめざましいことで知られていて、潜在的な高級志向の強さが付随しているので、高品質な住宅を建設する動きが顕著です。その中でも、木造住宅の需要は年々高まっています。戸建住宅だけでなく、マンションなどの集合住宅は構造...

襄陽市は中国の内陸部に位置する地域であり周辺が山岳地域で覆われていることから林業も盛んに行われています。しかし最近では木材市場よりもハイテク機器関係の産業が中心になっているのが現況です。いずれは木材市場は生産よりも消費の方が増えていく可能性が高いです。そのため、東南アジアや日本から木材を輸入する可能性が高まっていくでしょう。襄陽市は内陸部なので輸送の際にコストが掛かってしまう難点があります。そのた...

大同市は中国の首都である北京の近くにある地域であります。大同市は黄土高原と呼ばれるエリアの中に位置しますが、この黄土高原は黄河の流域周辺にあり、日本の国土の1.4倍程度の広さ、日本がすっぽり入ってしまうほどの広大な高原とされています。以前は森林があったものの、段々と失われつつあり、雨が降ってもそのまま黄河に流れ込むような状況を生んでおり、森林の少なさを物語っている状況です。それが負のスパイラルのよ...

上海市(中国)の木材市場の現況(2019)は、いまのところあまり良く分かっていません。なぜならば現在は2018年であり、2019年の状況を総括することは難しいからです。それでは上海市(中国)の木材市場の現況(2019)について、今の時点で考えることはできないのでしょうか。これについてはこれまでの情報や記録などに基づいて、ある程度の推論のようなものを考えることができます。ただしその場合には様々な正確...

廈門市の木材市場の現況は都市開発や富裕層の進出によって需要が高まっています。単純に材木などの素材だけでなく木材を使用して作られた家具製品などが非常に人気で、新品と中古を問わず高値で取引されている傾向にあります。廈門市では林業は殆ど行われておらず、林業の従事者も少ない傾向にあります。廈門市では林業ではなく、工場などで木材を加工する産業が中心です。生産されている家具は中国の各地だけでなく東南アジアを中...

ウルムチ市と言えば、中国の内陸部にある都市になります。今年の特徴は、内陸部でありながら人口が100万人を超えていることでしょう。古い文化と新しい文化が融合され、徐々に近代化されつつありますがその中でもやはり昔からある産業として木材に関するものは有名です。木材市場はどのようになっているかといえば、現況は増加傾向にあるといえます。2019年の予想をとしては、前年よりも多少増加することが見込めるでしょう...

洛陽市は、2016年時点の人口が662万にもなる大都市です。市区の人口だけで、2015年の時点で216万人にもなっていました。その住宅需要だけでも相当なものとなりますから、木材市場の動向は常に注目されています。歴史にもよく登場する洛陽市には数々の世界遺産があり、観光地としても有名です。現況では特に、洛陽ハイテク産業開発区の発展に目が離せなくなっています。洛陽ハイテク産業開発区では、シリコンの開発利...

衡陽市は中国湖南省中部に位置する湖南省で2番目に大きな市です。蒸水、耒水と湘江の合流地点にあり、北京と広州を結ぶ京広線、衡陽市と友誼関を結ぶ湘桂線が交わる地点でもあることから、水路、陸路が発達し物流の中心地として栄えてきました。総面積は15000平方キロメートルで主に丘陵地帯となっており、そのうちのおよそ3200平方キロメートルが森林地帯で、総人口はおよそ740万人となっています。衡陽市は鉱物資源...

大慶市は、市内に大油田があることで知られています。油田は1959年に発見され、1960年から採掘が開始されました。それ以降は中国最大の油田として、中国東北部のコンビナート地帯に石油を供給します。当の大慶市にも石油関連産業が誘致され、新興工業都市として発展しました。大躍進政策期には、「工業は大慶に学べ」というスローガンが用いられていたほどです。その後は産油量が急減し、深層採油となっていったためにコス...

邯鄲市は中国の河北省の南部にある鉄鋼業や紡績業、電子工業が盛んな地域です。西側に山脈があるのでそこから木材を採取する林業が行われることがありますが、最近では政府の環境保護政策によって以前の主要産業の石炭業と同様に規模が縮小傾向にあります。そのため邯鄲市の木材市場は需要が高まっていき、単価が上昇しているのが現況です。また邯鄲市は河北省なので、鉄道を使用すればすぐに北京や上海などの都市に通うことができ...

蕪湖市は1952年に発足した中国安徽省の中にある都市です。長江と青弋江が合流する地点であることでも知られています。蕪湖市の面積は3,317平方km、そのうち市区面積は720平方kmです。南部が高く、反対に北部は低い地となっています。市域の大半は平原や丘陵などで、さらにそこを河川や湖などが入り乱れている状態になっております。蕪湖市の気候は亜熱帯湿潤季節風気候に分類され、季節の違いは四季それぞれに明確...

泰安市は工業や農業などが盛んに行われている傾向にあります。林業も例外ではなく、周辺の森林から木材を採取して木材市場に供給しています。輸出も積極的に行っており、東南アジアや日本などに木材が運び込まれているのが現況です。最近では政府の環境保護政策によって森林地帯の伐採作業が縮小傾向にあり、今後も林業は衰退していく可能性が考えられます。そのため泰安市に積極的に輸出して収益を手に入れることが可能です。泰安...

日本国内での木材市場は、折からの景気後退による住宅需要の落ち込みによって冷え込んでいますが、中国ではオリンピックと万博の開催を経て、次期冬季オリンピック誘致に成功し建設ラッシュが続いていて、いまだ伸びが続いている状態です。公共建築物や住宅の建設需要も増大していて、中央政府指導の都市化推進事業などによって、さらに伸びが期待されています。所得の伸びは相変わらず留まる兆しはなくて、高級志向の高まりで高価...

株洲市は中国の中でも内陸部に位置している都市の一つで、重工業が中心に栄えています。電気機関車や超合金、鉄鋼業やエンジンの開発などが中心で林業よりは工業の都市と言っても差し支えはないでしょう。そのため木材市場は生産よりも消費が中心になっている点が現況です。しかし、株洲市での木材の消費量はそれほど多くなく、工業用の資材として使用されるだけで人口も限られている点から木材の販売によって利益を上げることは難...

茂名市は中国(中華人民共和国)の都市のひとつであり、中国の経済発展とともに大きく成長しています。これに合わせて木材市場も成長しつつあり、現況については比較的良好だといえるようです。さらに今後についても右肩上がりが期待できるため、大いに有望だということになります。中国広東省の西南部に位置する茂名市は、湛江市・陽江市・雲浮市・広西チワン族自治区などに接する地級市(中国の行政単位)です。その歴史は古く市...

鎮江市は長江と大運河が交差する地点に位置し、古来から商品流通における交通の要衝にある都市として発展してきました。鎮江市を商業都市たらしめていた地の利を生かし、江蘇省鎮江経済技術開発区も設けられ、発展を遂げています。江蘇省鎮江経済技術開発区は自動車産業を軸とし、江蘇省の南側一帯をリードする存在となっています。そこでは自動車産業を中心とした産業チェーンも形成されているようです。現況では主要産業の自動車...

「万州区(ばんしゅうく)」は中華人民共和国重慶市にある市轄区です。具体的な位置としては重慶市中心部から北東へ374km離れた地点にあります。なお、「万州区(ばんしゅうく)」はかつては四川省万県市という地級市でしたが現況の「万州区(ばんしゅうく)」は万県市の市轄区だった天城区・竜宝区・五橋区が合わさったものとなっています。それゆえ、本区の木材市場を語るにあたっては中華人民共和国全体の木材市場をに目を...

柳州市は中国の広西チワン族自治区にある地級市になります。このエリアの特徴として森林資源が多く、主に北部と東部と百色の三大森林区に森林が分布しています。森林面積は広西チワン族自治区の森林総面積の46%を占め、林木の蓄積量は70%を占めており、木材の生産量は60%を占めているといわれています。北部森林区は森林資源が一番多く、蓄積量は広西全区の約27%、材木の生産量が約39%を占めているとされています。...

広州市は以前から家具生産が盛んなことで知られており、それは現況でも変わらず、当然ながら木材市場は活況を呈しています。家具生産に必要な合板やファイバーボードなどが大量に広州市に流入しており、木材市場の重要性は変わらず続いています。広州市を中心とした珠江デルター帯では、改革・開放以降、その高い技術力をもってして、家具生産における圧倒的な生産量を誇ってきました。主に国内向けの家具を扱っており、広州市から...

北京市では林業は行われておらず、工場も少ないので木材市場は存在しないと思われがちです。しかし現況は住宅の建築ラッシュや富裕層の都市部への進出によって、一定のニーズがあります。ただし、低コストで購入できる家具ではなく富裕層向けの高品質な木造製品が人気なので、杉などの安価な素材で作られた木造製品は売れない傾向にあるので注意しましょう。可能であればヒノキやカヤなどで作られた製品が良いでしょう。北京市に在...

天津市周辺の華北地区は家具生産が盛んな地域として知られており、その木材市場は活況を呈しています。天津市は北方地域における有数の港湾都市であり、輸送コストがかかる家具を生産するのに有利な立地です。天津市は北京市とともに、中国の経済発展をけん引してきた都市のひとつと言えます。経済発展に伴い、木材の需要は高まるものです。現況でもその需要は続いています。ただ大都市化が進むにつれ、木材産業は市内からは撤退せ...

成都市の木材市場を見ると、現況としては増加している傾向があります。そもそもこの年は、内陸部にあるためたくさんの資源があるといっても過言ではありません。木材に関する資源は多く、その地のたくさんを輸出している傾向にあります。また、現在外資系企業が多く進出しており人口が増えているところです。そのため、木材の輸出に関しても実に大きな影響を与えている都市のひとつになります。内陸部では、このような都市はそれほ...

杭州市は中華人民共和国浙江省にある市で、紀元前から発展していた八大都市の一つです。中華人民共和国の歴史文化名城に指定されている都市で、13世紀には世界最大の人口を誇ってました。杭州市は浙江省の北部に位置し、歴史的に河川に囲まれた地域だった事から何度も洪水による水害に襲われていたこともあって、中部の丘陵地帯が都市で発展しました。杭州市の3分の2は山地と丘陵地で豊かな森林のある自然に囲まれていて、都市...

汕頭市は広東省にあるエリアであり、早々に経済開放が行われたエリアです。広東省は中国経済を牽引してきた場所であるため、木材市場に関してもかなり活況を呈している状況と言えます。木材加工の市場は現在も急速に拡大を続けており、汕頭市もその一翼を担っていると言ってもいいほどです。特に需要を急速に増している紙や木製家具の生産高、家具輸出の輸出高は中国でもトップクラスにあります。最大の特徴はなんといっても自前で...

武漢市は長江中流の、江漢平原東部に位置するエリアです。南部は丘陵地帯に囲まれており、北部は標高が低い山が連なります。標高が高い場所でも約900メートルくらいで、平均すれば50メートル前後の高さとなります。気候は湿潤温暖気候で、年間降水量は1000ミリを常に超えます。特に6〜8月に掛けての降水量が多く、年間降水量の約4割を占めます。夏の暑さが強く、夜も気温が30度を超えます。重慶や南京と並んで、武漢...

瀋陽市は北京から近くにある地域で、観光客だけでなく都市化が進んでいることから、現況では木材市場も一定のニーズがあります。特に木造の家具製品は富裕層を中心に人気なので、瀋陽市では他の都市とは違って非常に需要が高いです。木造製品の高騰も顕著で、周囲に木造製品の生産工場も存在しないことから流通コストが高くなる点も価格高騰の原因になっています。ただし、最近では高齢者や富裕層を中心に都市部から地方に移住して...

中国の重慶市は、広い土地を有効に活用してさまざまな経済活動に取り組んでいます。特に、木材を取り扱う貿易には力を入れているのです。木材市場の現況としては、重慶市内に3700億円の費用をかけて木材貿易港を建設することが決定しました。内陸の河川港となりますので、スムーズに短期間で大量の木材を運搬出来るようになるのです。また、港で働くスタッフを現地で採用することにつながりますので、失業率の解消にも役立つと...

木材の需要は日本では古来から潜在的に高かったのですが、近年では国際的にその市場は広がりを見せています。北京オリンピックと上海万博の開催がなされた中国でもその傾向は強くて、大規模イベントの開幕まででなくその後も引き続いて市場は狭まってはいません。加えて、国の都市化推進政策の実施と、国民所得の伸びに連動した国内の住宅建設需要の増大から、高品質で高級感のある住宅を建設する動きは加速し続けています。今や、...

南京市は北京市とは違って、流通環境が良好であるというメリットがあります。陸路だけでなく輸送船を使用することによって輸出入をすることもできます。また中国の中でも主要都市の一部である重慶市と近いので木材市場は非常に拡大化しているのが現況です。しかし南京市では最近都市開発が進んでおり、従来のように木材の生産を行うばかりではなくなってきています。工場が与えている環境問題も考慮されている点から、次々と閉鎖さ...

西安市の中国の市の1つであり、歴史上多くの重大な役割を担ってきた長安として知られています。そのため、歴史的建造物も多く、木材への需要が高いことも特徴です。世界各国から環境客が訪れている場所でもあります。西安市は1992年に7月に開放都市に指定されました。これにより、ユーラシア大陸の連絡路として最大の都市となっています。中国経済において重要な地位を占めているのは確かである一方、重工業の割合が高くなっ...

温州みかんといえば日本人なら誰でもが知っている有名なみかんの品種ですが、その温州みかんの元となっている地名が中国の温州市です。みかんの産地であるということからわかるように気候が非常に温暖であり、湿度も高く中国南部に位置する、植物の育成に適した地域となっています。昔から自生していたブナやカシの林を伐採してこの地域の人々は輸出品として加工していました。しかし現代になってからはそのような原生の林を切り出...

中国は世界最大の木材産業国とされています。生産高や原料の輸入高、そして加工製品の輸出高においても世界トップとされ、木材市場の現況は明らかに上向きであり、かなり活発に取引がなされていることがわかります。その中で山東省は中国でも有数の木材加工のエリアとされており、木工機械の重要な産地であるのが青島市です。中国の木材市場を大きく左右するといっても過言ではないほど木工機械のシェアは中国内で非常に高く、木質...

ハルビン市は中国黒竜江省にある人民政府の所在地で、黒竜江省の政治と経済の中心地です。周辺の遼寧省、吉林省と合わせて「東北三省」と呼ばれ、重工業を中心に中国の経済に大きな貢献をしてきましたが未だ北京や上海には遠く及ばず、まだまだ発展の可能性を秘めた地域となっています。ハルビン市の主な産業は鉄鋼や工作機械などの重・軽工業で、市街近郊にはハルビン太平国際空港のほか自動車道も集中しており、交通の要衝でもあ...

鄭州市は中国の内陸部にある都市の中でも有数の観光地です。歴史的な建造物だけでなく人口も多い点から不動産の価格が値上げされている傾向にあります。鄭州市の木材市場は地価の値上げによって物価高になり、結果的に富裕層だけの年になりつつある点から高級な木材しか売れない現況があります。特にカヤや桑などの木材が高値で取引されていることが多いです。そのため、安価なスギやブナを販売するのではなく高価格帯の木材を販売...

東北地方の最南端に位置する大連市は、世界の木材市場でも存在感を高める中国でも要注目のエリアです。大連市には北方地域から木材や製材品が集まり、さらに貿易港であるため海外からも集まる集積エリアとなっています。そのため大連市内には100を超える木材会社があるとされ、家具製造なども含めるとさらに多くの業者が集まっているとされています。1990年代以降は日本との間でできた製材加工を行う合弁会社が発展に寄与し...

合肥市は歴史的建造物が目立つ南京市に近い中国の都市のひとつです。木材市場としてはあまり活発な取引は行われておらず、現況としては歴史的な建造物の修繕と新設されるオフィス用品に使用される木材のみです。一般家庭の住宅の建築は殆ど行われていないことから、材木の需要はそれほど高くは無いでしょう。しかし木造製の家具やインテリアなどの雑貨は非常に人気があります。特に合肥市は富裕層も進出している傾向にある点から単...

長沙市は中国の湖南省にある省都です。古い歴史を持っていることが大きな特徴であり、国家歴史文化名城にも指定されています。経済の上でも湖南省を支えている町です。かつて中国最初の最高学府である兵麓書院が置かれており、現在においても国家重点大学が5校もあります。そのため、大学生が多く住んでいる場所としても知られます。大学生が多く住むということはそのための場所が必要ということであり、木材への需要が高まってい...

太原市(たいげんし)は2500年の歴史を持つ中華人民共和国の山東省の省都で古都として知られています。古来中国有数の大都市でした。隋時代には長安、洛陽に次ぐ黄河流域の第三の都市の役割を果たしていました。中華人民共和国建国後は豊富な地下資源を生かし重工業、石炭業で国家を支えました。しかし石炭を燃料にした産業構造から深刻な大気汚染の公害が発生しました。現在、環境の改善、産業の高度化、交通基盤の整備に力を...

昆明市は中国雲南省にあって、ベトナム、ラオス、ミャンマーの各国と国境を接しております。また昆明市は雲南省の省都の位置づけにあり、政治や経済、交通を束ねる市として存在感を発揮しています。同時に長い歴史を持った地域という顔も持っているのです。765年に初めて歴史にその名をあらわし、14世紀に明に征服されて城壁都市が築かれてからの今日に至っております。現在の市域人口は600万人超ですが、都市圏人口は約半...

福州市は中国の観光地としても非常に有名で、南京市と同様に海上からの輸送だけでなく陸路からの資材の輸送も可能です。南京市と違っている点は経済特区として都市開発が更に進んでいる点です。最近では観光地化による収益で富裕層は福州市の中心に進出している傾向にあります。そのため木材市場における木造製品の需要は高く、価格が徐々に高騰しているのが現況です。特に富裕層は高価格帯であるカヤの木材製品が非常に人気で、テ...

済南市は山東省に位置する副省級市で、政治や通商といった重要な役割を担っています。街は開発が進められていますが、伝統的な建物や自然との調和が保たれます。ただ、済南市は陸地にあって周囲の市も開発が進んでいますから、自然といってもそれほど雄大ではないです。また木が沢山採れるような山もありませんから、木材市場に安定供給できるほどの木材は存在していないといえます。つまり、原産地になる可能性は低く、現況におい...

石家荘市は中国の内陸部に近い場所にある点から、木材市場においては生産が中心と言えます。製薬工場が中心になっており、かつては紡績業で栄えた都市ではありますが現在はやや衰退している傾向にあります。観光客は北京よりは少ないですが文化の街とも知られている点から一定の需要があります。交通の便はあまり良くないので物流コストの問題も顕著です。以上のことから石家荘市では木材の生産が中心ではありますが、他の年に比べ...

中国吉林省の省都である長春市は、満州国時代は首都が置かれ新京と呼ばれておりました。長春市には、27の国立大学はじめ、中国科学院長春分院、長春光学精密機械研究所、長春応用化学研究所等々100を超える科学研究期間も設立されているなど、先進的な研究学園都市と見られています。当然ながら、人口に占める科学技術人員の割合は中国内においてトップクラスにあることは言うまでもありません。もう一点、長春市を語るうえで...

林地の所有権は個人が存在せず、必ず中国が国家として所有する規則が森林法に明記されています。ですが林業者は個人や国家を含めた各営業団体が存在するので、経営体制が違う事例も存在します。尚国家が運営しているタイプと個人が運営しているタイプとで区別しており、それぞれ公有林業と非公有林業という名所で呼ばれています。現状の管理状態に定着した理由は、中国人口の大量増加で環境悪化が飛躍的に進んでしまった点で、林地...

中国はここ10年、目覚ましい経済成長を遂げています。今では名実共に米国に次ぐ経済大国となり、日本の順位を完全に追い抜きました。中国人観光客の増加がここ最近各メディアで話題になっていますが、今最も勢いがある国です。2018年現在でも経済成長率は依然として高い水準を保っています。いわゆる中間層が経済発展の恩恵を受けているのが、ここ最近の特徴で一般家庭な中国人が新しくマイホームを建てたり、住まいの大規模...

中国との木材貿易は今は大きな一つの産業となりつつあります。急拡大を続ける中国の経済を考えれば、ここに多くの木材を輸出する事が日本経済にとってプラスになる事は間違いありません。そしてそのように今は右肩上がりで取引量は多くなっているという現状があります。ですが注意点として中国は専制国家だという事を忘れてはいけません。君主の感情次第でいとも簡単に約束をなかったことにすることが出来るというのがこの国の特徴...

広大な敷地面積を有している中国の多くは森林であり、森林において成長している膨大な数の木々は社会問題化している環境汚染の解消と共に、国内経済成長率を高めるといった点でも国を支える重要な役割を果たしています。中国が有する木材に関して特徴的なのは国内需要が高い事のみに限らずに、世界的にも多くの国々から求められていてバランスが安定的であるという事です。一般的に社会が近代化する程木材の需要は減っていくもので...

中国の林業人口の推移は減少傾向にあります。これは同国の深刻な環境問題が原因です。世界中でも箸を使う文化のある国は多くありませんが、2018年には木材の購入で日本と中国の関係が逆転する現象も起きています。中国の食文化でも箸を多く使用するため木材が伐採されるように考えられますが、その素材の多くは木材ではなく「竹」が使用されているのです。本来は日本に輸出することを目的として、森林伐採が進められていました...

経済成長が国民所得向上に繋がり、木造住宅の建築を依頼する国民が増えたため、木材の需要が輸入実績の数値で顕著に顕著なのが中国です。中国では住宅の内装に木材を使用する特徴もあり、自国生産だけでは需要を賄えない事情もあります。また中国の場合木材市場の根幹になっている全ての林地が国有管理され、現在は自然保護に重点を置いた政策が施行されている点も原因の一つです。この影響で建築用資材の価格が飛躍的に高騰し、2...

今、中国では日本の材木・木材人気が非常に高く、日本の林業にとっては大きなお得意様となっています。中国は国土が広く資源も豊富にあるので、材木・木材に関してもいくらでも自前で調達をすることができるにもかかわらず、それでも日本の材木・木材が人気をしています。その理由はやはり品質の高さにあり、材木・木材もメイドインジャパンのクオリティが人気の理由となっているのです。最近でこそ海外の国のクオリティも上がって...