ウルムチ市(中国)の木材市場の現況(2019)

ウルムチ市と言えば、中国の内陸部にある都市になります。今年の特徴は、内陸部でありながら人口が100万人を超えていることでしょう。古い文化と新しい文化が融合され、徐々に近代化されつつありますがその中でもやはり昔からある産業として木材に関するものは有名です。
木材市場はどのようになっているかといえば、現況は増加傾向にあるといえます。2019年の予想をとしては、前年よりも多少増加することが見込めるでしょう。一般的な利用の仕方としては、住宅の建築に利用する傾向が増えてきています。中国は、近代化をしていますので、木造の近代的住宅が増えてきている傾向です。もちろん市内でも利用しますが特に沿岸部に関しては多くの住宅が建築されており所得が上がっていることもうかがえます。何もビルディングだけでなく、木造住宅の建築が盛んにおこなわれていることからより伐採の機会が増えているといってよいでしょう。
このように、国内だけの需要も高まっており内需の拡大ができているのも大きなポイントになります。その一方で、海外に輸出している傾向が見受けられますが、主にヨーロッパやアメリカなどに輸出しており、輸出量に関しては一定の基準を保っており安定感があるといえるかもしれません。このような状況の中で、貿易赤字にならないようにするには、中国の通貨が高くならないことが条件になります。このようない状態が続いているならば、輸出に関してそうすることはありません。ですが、これ以上通貨が高くなった場合には輸出の面で不利になります。そうすると、ウルムチの木材市場にも何らかの影響を与える可能性が否定できません。もちろん、急激に元が値上がりするようなことはありませんが、もちろん楽観をすることもできません。ただ、現在の中国では100パーセントを木材を輸出に漂っているわけでもありませんので国内の需要を考えるとそこまで大きく減少しないことがうかがえるわけです。