邯鄲市(中国)の木材市場の現況(2019)

邯鄲市は中国の河北省の南部にある鉄鋼業や紡績業、電子工業が盛んな地域です。西側に山脈があるのでそこから木材を採取する林業が行われることがありますが、最近では政府の環境保護政策によって以前の主要産業の石炭業と同様に規模が縮小傾向にあります。そのため邯鄲市の木材市場は需要が高まっていき、単価が上昇しているのが現況です。また邯鄲市は河北省なので、鉄道を使用すればすぐに北京や上海などの都市に通うことができます。だから木材を売り込む場所としては絶好の場所と言えるでしょう。邯鄲市は港に面した都市ではないので、港から木材を輸送した後に鉄道などの陸路を使用して提供する必要があります。以前は石炭業が盛んに行われており、周辺の大気汚染問題の原因になっていましたが現在は石炭業のほとんどが廃業になっていることから都市開発も行われる可能性が高いです。北京や上海などに在住している富裕層が邯鄲市に移住した場合は周辺の物価や地価が値上げされていくことが予想されます。そのため物価高による収益の低下を避けるためにも富裕層が本格的に移住していない現況から販売を繰り返していくことが重要です。もちろん富裕層は近くに在住していないので、高級な木材を使用した製品ではなく都市開発を見越して建築資材として使用できる木材を提供していくと良いでしょう。建築資材は他の都市開発が進んでいる地域にも販売できるので損失を発生させにくく、加工によって新たな製品を開発することが可能です。そのため低リスクで邯鄲市の木材市場に参入するには都合のいい商品であると言われています。以上のことから邯鄲市の現在は公害問題が解決する方向に進んでいるので、富裕層の移住を見越して建築資材の木材を販売して行くことで収益を手に入れることができるでしょう。富裕層が移住すると地価と物価の上昇によって収益を手に入れにくくなるので可能であれば今のうちに参入したほうが良いです。