蕪湖市(中国)の木材市場の現況(2019)

蕪湖市は1952年に発足した中国安徽省の中にある都市です。長江と青弋江が合流する地点であることでも知られています。蕪湖市の面積は3,317平方km、そのうち市区面積は720平方kmです。南部が高く、反対に北部は低い地となっています。市域の大半は平原や丘陵などで、さらにそこを河川や湖などが入り乱れている状態になっております。蕪湖市の気候は亜熱帯湿潤季節風気候に分類され、季節の違いは四季それぞれに明確に分かれています。年間を通じての平均気温は摂氏15〜16度で、降水量は年間で1200mmとなっているのです。蕪湖市の経済に関しましては、主たる産業は軽工業と紡績に依存している傾向が強いものがあります。生産されている著名なものには、羽毛製品やミシン、ブラウン管などがあります。蕪湖市での伝統産品には、保温瓶や羽毛服、絹製品、革靴などが知られています。昨今の際立った特徴ですが、自動車の製造が急速な勢いで伸びを示してきているのです。蕪湖市の産業の柱の一つになっているものに、奇瑞汽車の本社があります。重工業の分野では、コンクリートなどを製造している海螺グループが特筆されるべき存在です。ほかにも、米や小麦などの農業、川や湖での魚介類やカニ類を採る漁業、鉄や銅などを対象にした鉱業なども活発に展開されております。蕪湖市の一部では薬用牡丹が栽培も行われていて、内外で好評を博しているのです。蕪湖市の観光スポットには、多人数参加型公園である蕪湖Fantawild Adventureに多くの観光客が集まっています。美しい風景を愛でながら、多くのキャラクターと共にアトラクションを満喫できると評判になっています。美しい湖と多くの木々を楽しめる蕪湖公?もあらゆる世代の人たちの共感を得ております。このように観光産業が盛んになって建造物が必要となり、建築資材の需要が高まってきたことがあって、木材市場は目をみはるように活性化してきました。現況を見る限り、ますますの経済成長が期待できることでしょう。