泰安市(中国)の木材市場の現況(2019)

泰安市は工業や農業などが盛んに行われている傾向にあります。林業も例外ではなく、周辺の森林から木材を採取して木材市場に供給しています。輸出も積極的に行っており、東南アジアや日本などに木材が運び込まれているのが現況です。最近では政府の環境保護政策によって森林地帯の伐採作業が縮小傾向にあり、今後も林業は衰退していく可能性が考えられます。そのため泰安市に積極的に輸出して収益を手に入れることが可能です。泰安市は港からも近く、北京市にも近いので建築資材の需要もあります。富裕層も多く存在しているので希少価値のある木造製の家具や暖房器具なども高く販売できるでしょう。泰安市の人口は500万人を超えており、外国人観光客や移住者も他の地域と比較してやや多めなので中国人向けだけでなく外国人向けの商品を展開する方法も有効です。泰安市には鉄道が用意されており、鉄道を利用することによって木材の輸送が可能です。高速道路も整備されていて、北京や上海などの主要都市に木材を供給することもできるでしょう。ただし高速道路は環境保護のために道中で高い税金を支払う必要があるので、なるべく鉄道を使用した輸送をしたほうが低コストで輸送可能です。以上のことから泰安市では政府の環境保護政策によって、市内の林業が衰退していく可能性が考えられ、海外からの木材の輸入が増えていくことが考えられます。木材市場の需要も周辺の都市開発によって高まっていく可能性も高く、港からも近い場所に位置しているので取引がしやすいというメリットがあります。ただし陸路での輸送には注意が必要で、高速道路よりも鉄道を利用した木材の輸送を行う方法が低コストで輸送できて良いでしょう。富裕層も点在しているので高級な木材を使用した製品の販売も有効です。建築資材に使用する木材の需要も高くなっていくことが予想されます。主な輸入元は日本だけでなく東南アジアや韓国などが多くなっています。