株洲市(中国)の木材市場の現況(2019)

株洲市は中国の中でも内陸部に位置している都市の一つで、重工業が中心に栄えています。電気機関車や超合金、鉄鋼業やエンジンの開発などが中心で林業よりは工業の都市と言っても差し支えはないでしょう。そのため木材市場は生産よりも消費が中心になっている点が現況です。しかし、株洲市での木材の消費量はそれほど多くなく、工業用の資材として使用されるだけで人口も限られている点から木材の販売によって利益を上げることは難しいでしょう。しかし工業地帯の周辺には居住区がいくつか存在しており、それらを中心に木材製品を販売していくことで利益を手に入れることは可能です。富裕層は少ないので、カヤなどの高級な木材を使用した製品を販売するのではなく、杉などの比較的簡単に手に入れることができる木材を使用した製品を販売していくことで確実に収益を得ましょう。今後も中国の重工業を支える都市の一つになることが予想されるので、富裕層が移住したり都市開発が行われる可能性は低いです。しかし今後さらに重工業が発展していくと、人口が増加していく可能性は考えられます。北京や上海などとは違って富裕層ではなく一般市民が顧客のターゲットになるので、なるべくニーズに合わせた木材製品を販売していく必要があるでしょう。海外からの木材市場の参入であれば陸路の確保も死活問題です。南京周辺から株洲市に向かう鉄道の本数は少なく高速道路もコストが高いので、売れる木材商品を少量ずつ提供していくことで低リスクな市場参入を考慮することが重要です。もちろん、近くには重慶市もあるので富裕層をターゲットにするのであればそちらを活用していく手法もあります。以上のことから株洲市は重工業によって栄えている都市であり、富裕層よりも一般市民が顧客の中心になるので販売する木材製品を考えていく必要があります。重慶市や南京市の近くにあるのでそちらへの展開も考慮して参入すると低リスクです。