広州市(中国)の木材市場の現況(2019)

広州市は以前から家具生産が盛んなことで知られており、それは現況でも変わらず、当然ながら木材市場は活況を呈しています。家具生産に必要な合板やファイバーボードなどが大量に広州市に流入しており、木材市場の重要性は変わらず続いています。広州市を中心とした珠江デルター帯では、改革・開放以降、その高い技術力をもってして、家具生産における圧倒的な生産量を誇ってきました。主に国内向けの家具を扱っており、広州市から湛江市に至る国道沿いには販売所が設置されているほどです。
広州市一帯で製造される木製家具は、原木製材を使った無垢材家具や、集成材・木質ボード材家具、およびそれぞれを組み合わせた複合材家具に分けられます。無垢材や集成材および化粧板のフェイスバックなどには、主に東南アジアやロシア・アフリカおよびオセアニアなどからの輸入材が用いられています。木質ボードは国産材がほとんどで、広西自治区・広東省で伐採加工されたユーカリがメインとなります。他に南方産のコウヨウザンなどを使った合単板やMDF・ラン
バーコア合板および北方沿海部や新疆ウイグル自治区産のポプラ合単板も使われています。
これらは基本的には、個別企業が輸入業者やボード加工業者と直接交渉して調達しています。もちろん仲買を通すこともあります。広州市内や順徳区に拠点を持つ広州魚珠国際木材市場のような、大規模な公設市場を通して輸入原木や製材を買付ける場合もあります。
広州市周辺は、港湾に近接している立地であるため、主要原料となる輸入材の調達や製品輸出に有利であり、その地の利を生かして家具生産の一大拠点となっています。港に近接しているだけでなく、国内の消費地にも近いため、ますます有利となっています。日本と異なり、国土が極めて広大であるため、家具のような大型商品の輸送は容易ではなく、立地が重要な要素を占めます。そのため、広州市の木材市場の活況は今後も続くと予想されます。