成都市(中国)の木材市場の現況(2019)

成都市の木材市場を見ると、現況としては増加している傾向があります。そもそもこの年は、内陸部にあるためたくさんの資源があるといっても過言ではありません。木材に関する資源は多く、その地のたくさんを輸出している傾向にあります。また、現在外資系企業が多く進出しており人口が増えているところです。そのため、木材の輸出に関しても実に大きな影響を与えている都市のひとつになります。内陸部では、このような都市はそれほどたくさんありませんが、この年に関しては平地も多くたくさんの資源があるため企業の街としても有名になります。
木材輸入センターなども市内にあり、年ごとに活発化しているのは今でもありません。ただその半面、輸入する場合に様々な問題が出てきていることも看過するべきではありません。基本的に、中国は物価が少しずつ上昇していきますが、成都においてもこれは例外ではないわけです。東南アジアなどと競争した場合に、東南アジアの木材を輸入する国が増えてきています。そうすると、そこでの競争が出てきてしまうため価格を下げて売却するしかありません。を少し、中国全体の景気が良くなるとさらに木材の売却をするのが難しくなってくるでしょう。ただ、内陸部に関しては沿岸部と異なりそこまで強い影響は今のところ受けていません。そうすると、今後どのようになるかは明確になっていませんがやはり縮小してくる可能性も否定できないでしょう。いずれにしても、中国全体の景気によって変わってくるところになります。ある程度落ち着いてきたところでは、木材市場自体も安定してきますが、現在のところは右肩上がりになっている部分があります。一方国内に供給している部分も多くありますので、単に中国の元が安くなれば良いとは限らないわけです。当然安くなれば、その分だけ輸出をすることにメリットはありますが、国内に対しても多くの住宅が建築されておりその規模はかなりのものです。そうすると、その分消費が増えるため増加傾向に傾く可能性は高くなります。