汕頭市(中国)の木材市場の現況(2019)

汕頭市は広東省にあるエリアであり、早々に経済開放が行われたエリアです。広東省は中国経済を牽引してきた場所であるため、木材市場に関してもかなり活況を呈している状況と言えます。木材加工の市場は現在も急速に拡大を続けており、汕頭市もその一翼を担っていると言ってもいいほどです。特に需要を急速に増している紙や木製家具の生産高、家具輸出の輸出高は中国でもトップクラスにあります。最大の特徴はなんといっても自前で木材資源を用意する点にあり、他から乱獲をしたわけでもなく、汕頭市などで植林などを行い、その育った木材を活用していることが大きなポイントです。

 

中国が置かれている立場は他の国と同じようなものであり、人民元レートや国内の競争など様々なものをクリアしなければならず、汕頭市の木材市場の現況を見てもその影響は出ています。生産額そのものは増えていてもその増加率は大したことではありませんでした。その背景には技術向上や技術の高度化などが影響し、価格の設定に関しても競争に耐えられるものにしていました。木材市場の現況を見る際にはそのあたりも確認する必要があります。汕頭市には数多くの合板に関連する会社が並ぶなど、そのエリア全体が木材市場に絡んだ会社でひしめいていることが言えます。

 

その一方、輸出量は伸びたのに輸出高は微増、もしくは減少したというケースがあり、特に日本とアメリカとの貿易では利益が思った以上に出ていません。これを救ってきたのがベトナムであり、ベトナムに多くの木材加工品が流通したものの、この動きも弱まりつつあります。高価格で高品質というのが広東省全体のイメージとなり、汕頭市でもそのイメージの中で仕事が行えている状況にあるので、その点は非常にやりやすさがあり、木材市場も活気に満ちています。しかし、世界情勢に左右される面がないわけではなく、関税など中国に対する風向きがより強まれば混乱が生じる可能性もあります。