瀋陽市(中国)の木材市場の現況(2019)

瀋陽市は北京から近くにある地域で、観光客だけでなく都市化が進んでいることから、現況では木材市場も一定のニーズがあります。特に木造の家具製品は富裕層を中心に人気なので、瀋陽市では他の都市とは違って非常に需要が高いです。木造製品の高騰も顕著で、周囲に木造製品の生産工場も存在しないことから流通コストが高くなる点も価格高騰の原因になっています。ただし、最近では高齢者や富裕層を中心に都市部から地方に移住している傾向にあります。理由として治安の問題だけでなく近年の好景気による物価高なども影響して、都市部で生活することが困難になっているからです。そのため2020年以降からは瀋陽市の人工が徐々に減少していくことが予想されます。それに伴い住宅の建設や家具の購入などが頭打ちになってくるので価格の高騰に歯止めが掛かる可能性もあるのです。瀋陽市に木造製品を販売したいのであれば、価格が高騰して需要もピークに到達している今がチャンスであると言えるでしょう。高級な木造製品は今まで以上に価格が高騰しています。だから販売する木造製品も富裕層向けのブランド化された製品が有効です。量産化された安価な製品はあまり瀋陽市で販売しないようにしたほうが有効です。また最近の中国ではエコロジーを意識するようになり、環境保護のために新品の木造製品を購入しない方も存在します。あくまでも顧客のターゲットは富裕層の高齢者が良いでしょう。瀋陽市は北京と同様に港から近いので、東南アジアの諸外国の輸入製品も多く取り扱っています。現在は輸入が過剰になっている傾向にある点から、徐々に価格の低下が予想されるでしょう。以上の点から瀋陽市では富裕層向けの木材製品を販売していく方が有効です。木材市場はこれからも健在ですが徐々に萎縮していくことが予想されます。過剰な販売は避けて、需要と供給が均衡になるように流通していくと今後も良い取引先になるでしょう。