南京市(中国)の木材市場の現況(2019)

南京市は北京市とは違って、流通環境が良好であるというメリットがあります。陸路だけでなく輸送船を使用することによって輸出入をすることもできます。また中国の中でも主要都市の一部である重慶市と近いので木材市場は非常に拡大化しているのが現況です。しかし南京市では最近都市開発が進んでおり、従来のように木材の生産を行うばかりではなくなってきています。工場が与えている環境問題も考慮されている点から、次々と閉鎖されている傾向にあるのです。だから南京市はこれから木材市場での価格高騰が懸念されています。南京市に輸出するのであれば北京よりも広大な海岸を利用できるので便利ではありますが、価格高騰によって木材製品が販売しにくい点も考慮する必要があるのです。南京市の住民も、北京市とは違って富裕層が多いわけではないので販売する製品もコストパフォーマンスに優れた杉などで作られた製品が有効でしょう。もちろん、南京市では現在でも木材の加工を行っている工場などが稼働しています。そのため輸出の際にかかる関税を考慮すると、簡単に南京市に輸出できないのが現況です。だから南京市だけに木材を販売しようと考えるのではなく重慶市や香港など近くの都市にも販売するように保険をかけておくことが重要になります。木材市場にとって良好な環境ではありますが、都市部でのインフレの影響を受けて徐々に製品の価格が高騰している傾向にあります。そのため、物価の高騰に対応するためにも富裕層に向けてブランド化したり、中国国内に木材の加工工場を建設して陸路で流通させることによって製品の小売価格を抑えていくと良いでしょう。陸路であれば低コストで素早く流通させることができるので、海上からの輸送よりも簡単ですし顧客に合わせて配送することができます。以上のことから木材市場の現況を考慮すると、物価の高騰に対応するためにもブランド化やコストパフォーマンスに優れた製品を展開する必要があります。