西安市(中国)の木材市場の現況(2019)

西安市の中国の市の1つであり、歴史上多くの重大な役割を担ってきた長安として知られています。そのため、歴史的建造物も多く、木材への需要が高いことも特徴です。世界各国から環境客が訪れている場所でもあります。西安市は1992年に7月に開放都市に指定されました。これにより、ユーラシア大陸の連絡路として最大の都市となっています。中国経済において重要な地位を占めているのは確かである一方、重工業の割合が高くなっています。軽工業や技術開発力を軽視してきたことのしわ寄せがあります。今後、軽工業の重要性が見直される可能性があり、目次市場にも注目が集まっています。

 

西安市の木材市場の現況を考える上で重要となっているのが鉄道です。木材は基本的に鉄道などで運搬されるので、交通の便が整っていないと需要が高くても届けることが難しくなります。西安駅は年間乗降客数が2005年に5位位内に入っており、多くの方が利用していることが分かります。2020年までに地下鉄6路線の建設が計画されており、さらに木材の重要性が高くなると予想されます。市街地から北西へ40kmのエリアには空港があります。木材は重いので空港を活用するケースは多くありませんが、運搬の手段として選択される可能性はあります。道路は西安市街を中心に米の字型に広がっています。放射状に整備されているのが特徴です。中国のように広い国土そのうちの3つの道路は本線区間74.8qとなっています。幅広い手段で輸送できることは木材市場に少なからず影響を与えています。

 

中国全体の人口増加の影響で住宅への木材を必要とする企業が増加傾向にあります。これにより、木材市場は賑わっています。木材を使った住宅は火に弱いものの、地震の際の揺れを軽減できるとの特徴もあるので人気があります。かつては割安の木材に人気が集まっていましたが、現在では高性能な木材への需要が高まっています。いずれにしても木材市場は活発に動いているとのことです。