青島市(中国)の木材市場の現況(2019)

中国は世界最大の木材産業国とされています。生産高や原料の輸入高、そして加工製品の輸出高においても世界トップとされ、木材市場の現況は明らかに上向きであり、かなり活発に取引がなされていることがわかります。その中で山東省は中国でも有数の木材加工のエリアとされており、木工機械の重要な産地であるのが青島市です。中国の木材市場を大きく左右するといっても過言ではないほど木工機械のシェアは中国内で非常に高く、木質ボードが山東省で中国1位になる要因にもなっていることは十分に考えられます。

 

青島市の立地は黄海に面し、その向こうの日本まで開けているところにあります。当然ながらここで木材加工品を輸出しやすく、青島市の産業を大きく支えていることは言うまでもありません。元々青島市は山東省の一部とされていますが、青島市自体に山東省に与えられる権限と同じものが与えられており、独自に外資銀行の設立の許可などが行え、活発に経済活動が行われています。日本でも青島市に工場を置いて活動を行っているところは多く、木材市場が低迷する可能性は低いと言えます。あとは中国国内の事情がどのように絡んでくるかが大事です。

 

中国でも近年は木材加工の需要がかなり増しており、自然志向というのも相まって多くの木材が使われています。そうなると中国独自の木材だけでは到底足らず、結果的に世界中の木材をかき集めるような状態になります。結果的に中国の動きが木材市場の現況を揺るがしている形になっており、青島市での取引でもその影響が出ている状況です。この動きがストップする、もしくは別の動きが出てくると青島市での状況も大きく変わる可能性があります。

 

日本の業者も工場を設置するなど実は密接な関係にあることがわかります。しかし、中国の事情が大きな影響を与えることからも現時点ではいい状況でも突如として事態が急転する可能性も想定しなければならず、注意深い観察が必要です。