鄭州市(中国)の木材市場の現況(2019)

鄭州市は中国の内陸部にある都市の中でも有数の観光地です。歴史的な建造物だけでなく人口も多い点から不動産の価格が値上げされている傾向にあります。鄭州市の木材市場は地価の値上げによって物価高になり、結果的に富裕層だけの年になりつつある点から高級な木材しか売れない現況があります。特にカヤや桑などの木材が高値で取引されていることが多いです。そのため、安価なスギやブナを販売するのではなく高価格帯の木材を販売したり、その木材の加工品を販売していくことが有効でしょう。中国の鄭州市は外国人にも人気の場所で、中国人だけでなく外国人の富裕層も居住していることが多いです。そのため中国人向けだけでなく周辺に居住している外国人向けにも商品を展開していくことが重要でしょう。鄭州市では林業は殆ど行われておらず、生産よりも消費のほうが多いです。今後も物価高と流通コストの値上げによって高級な木材を使用した製品は更に高値で取引されることになるでしょう。ただし、鄭州市では中国経済の失速によってバブルが崩壊してしまうのではないかと懸念されています。不動産の価値が低くなり、富裕層が撤退していくと木材の需要が減っていく可能性が考えられるのです。例えば不動産の価値が無くなってしまい、住宅の建築などが中止されてしまうと材木は販売できなくなってしまいます。他にも木造製品の家具なども売れ行きが悪くなってしまうので、値崩れしていく可能性もあるのです。だから必ずしも現在の状況に油断せず、バブルの崩壊や中国経済の動向をよく読みとることによって木材市場を活用していくことが良いでしょう。現況では富裕層が多いので、高級な木材を使用した製品が高値で取引されやすいです。ただし、その状況も長く続く可能性は低いと言えます。木材を購入する顧客の趣向が変わっていく可能性も否定出来ないので、今後はあまり高コストな製品を中心に展開していくことは避けたほうが無難です。