大連市(中国)の木材市場の現況(2019)

東北地方の最南端に位置する大連市は、世界の木材市場でも存在感を高める中国でも要注目のエリアです。
大連市には北方地域から木材や製材品が集まり、さらに貿易港であるため海外からも集まる集積エリアとなっています。
そのため大連市内には100を超える木材会社があるとされ、家具製造なども含めるとさらに多くの業者が集まっているとされています。
1990年代以降は日本との間でできた製材加工を行う合弁会社が発展に寄与してきましたが、現況の木材市場では韓国や日本への木材輸出も進むようになりました。
さらに日本海側にある日本の都市とも友好関係を結び、青森県は県産材の市場開拓にも取り組んでいます。
しかし現況の大連市の木材市場では、日本産の木材は知名度が低いです。
発展が著しい大連市の中心部では高層マンションも盛んに建設されており、内装用の木材需要も高まっています。
ですが木材を販売する業者は数多くの種類を取り扱っていますが、日本産は知らないと言われるほどです。
そのため家具百貨店には日本産の木材が並ばれておらず、ロシアやカナダなどの国々から輸入された木材が使われています。
現況の状態だと他国産の木材に大連市の木材市場をとられてしまうため、近年では日本の林業関係者も新規開拓のために現地調査や研究に乗り出しています。
現地の業者から直接話を聞き取ったり木材市場を見学することにより、進出のヒントを得てきました。
こうしたヒントを元に日本の企業も現地に進出すれば、新たなビジネスチャンスも生まれ国内の林業もカッパ性化するでしょう。
大連市の木材市場からは、構造用集成材・フローリング・ドア・壁面・家具など日本向けに様々な製品が輸出されています。
日本との合資会社や加工委託を受けている業者も多数あり、大連市の木材市場は日本にとっても重要な存在です。
ビジネスチャンスが広がる輸出先としても、日本の木材市場にとっても注目のエリアとなっています。

 

大連市(中国)の木材市場の現況(2019)

東北地方の最南端に位置する大連市は、世界の木材市場でも存在感を高める中国でも要注目のエリアです。
大連市には北方地域から木材や製材品が集まり、さらに貿易港であるため海外からも集まる集積エリアとなっています。
そのため大連市内には100を超える木材会社があるとされ、家具製造なども含めるとさらに多くの業者が集まっているとされています。
1990年代以降は日本との間でできた製材加工を行う合弁会社が発展に寄与してきましたが、現況の木材市場では韓国や日本への木材輸出も進むようになりました。
さらに日本海側にある日本の都市とも友好関係を結び、青森県は県産材の市場開拓にも取り組んでいます。
しかし現況の大連市の木材市場では、日本産の木材は知名度が低いです。
発展が著しい大連市の中心部では高層マンションも盛んに建設されており、内装用の木材需要も高まっています。
ですが木材を販売する業者は数多くの種類を取り扱っていますが、日本産は知らないと言われるほどです。
そのため家具百貨店には日本産の木材が並ばれておらず、ロシアやカナダなどの国々から輸入された木材が使われています。
現況の状態だと他国産の木材に大連市の木材市場をとられてしまうため、近年では日本の林業関係者も新規開拓のために現地調査や研究に乗り出しています。
現地の業者から直接話を聞き取ったり木材市場を見学することにより、進出のヒントを得てきました。
こうしたヒントを元に日本の企業も現地に進出すれば、新たなビジネスチャンスも生まれ国内の林業もカッパ性化するでしょう。
大連市の木材市場からは、構造用集成材・フローリング・ドア・壁面・家具など日本向けに様々な製品が輸出されています。
日本との合資会社や加工委託を受けている業者も多数あり、大連市の木材市場は日本にとっても重要な存在です。
ビジネスチャンスが広がる輸出先としても、日本の木材市場にとっても注目のエリアとなっています。