合肥市(中国)の木材市場の現況(2019)

合肥市は歴史的建造物が目立つ南京市に近い中国の都市のひとつです。木材市場としてはあまり活発な取引は行われておらず、現況としては歴史的な建造物の修繕と新設されるオフィス用品に使用される木材のみです。一般家庭の住宅の建築は殆ど行われていないことから、材木の需要はそれほど高くは無いでしょう。しかし木造製の家具やインテリアなどの雑貨は非常に人気があります。特に合肥市は富裕層も進出している傾向にある点から単なる材木ではなく高級な材木から作られた製品を購入している傾向にあるのです。だから既成品を販売していく手法で収益を上げていくと良いでしょう。ただし、近年では合肥市の地価が向上してきており物価が高くなっていることから、小売の業績があまり良くありません。更に近年では中国国内で通販ブームが進んでいることから物流業界でも悲鳴を上げています。物流コストの上昇と物価高によって木造製品が販売されにくくなってきているので、このまま合肥市で木材市場を展開するのは避けた方が良いでしょう。もちろん富裕層は多少製品の値段が上がったとしても購入することが多いですが、一般家庭にはほとんど需要が無いので不良在庫を抱えてしまう可能性もあります。保険に近くの南京市でも販売できるように流通ルートを確保しておくことが重要になるでしょう。合肥市の林業はほぼ皆無に等しく、オフィス街が多く工場が少ないので現地での加工作業も難しいです。既成品を販売する手法のほうが無難と言えます。合肥市は海上に面していないので東南アジアや日本からの輸入にも多少のコストが掛かってしまうことがあります。最近では関税問題もあるので供給過多によって不良在庫を抱えないように市場の動向を確認しながら徐々に供給量を調節していくことが重要です。以上のことから合肥市では木材市場としてはあまり好ましくなく、限られた富裕層向けにブランド化された製品を販売する戦略が有効と言えます。