福州市(中国)の木材市場の現況(2019)

福州市は中国の観光地としても非常に有名で、南京市と同様に海上からの輸送だけでなく陸路からの資材の輸送も可能です。南京市と違っている点は経済特区として都市開発が更に進んでいる点です。最近では観光地化による収益で富裕層は福州市の中心に進出している傾向にあります。そのため木材市場における木造製品の需要は高く、価格が徐々に高騰しているのが現況です。特に富裕層は高価格帯であるカヤの木材製品が非常に人気で、テーブルや椅子などの家具だけでなくインテリアとして飾ることができる製品も需要があります。他にも中古品の販売も木材市場で頻繁に行われている傾向にあります。現在の中国国内では環境保護を推進しており、森林の伐採などはあまり行われていません。伐採数の減少と森林の保護によって材木の需要が高まり、価格が高騰しています。特に福州市は南京市と同様に海上からの輸入が増えいている傾向にあり、東南アジアからの安価な材木を購入していることが多いです。自国内でも工場が少なくなってきていることから単純に材木よりも成果物である木造家具製品の需要が高くなっています。最近では都市開発も落ち着いてきていることから建築資材の木材の価格は低下している傾向にあるのです。以上のことから福州市では都市開発によって富裕層が進出してきており、高価格帯であるカヤなどの木で作られた製品を購入している傾向にあります。都市開発のペースは落ちてきているので建築資材としての木材の価格は低下している傾向にあります。市内の工場では閉鎖が相次いでいることから、木材市場に関係する従業員の求人数は減っているようです。港からは東南アジアなどからの輸入品を取り扱う船舶が多くなっています。ただし、工場数は一定以下になることは考えられず、今後も木材の加工工場が減少していくとは考えられません。北京とは違って材木の需要は一定数期待できるのでこのまま取引を続けることも良いでしょう。