済南市(中国)の木材市場の現況(2019)

済南市は山東省に位置する副省級市で、政治や通商といった重要な役割を担っています。
街は開発が進められていますが、伝統的な建物や自然との調和が保たれます。
ただ、済南市は陸地にあって周囲の市も開発が進んでいますから、自然といってもそれほど雄大ではないです。
また木が沢山採れるような山もありませんから、木材市場に安定供給できるほどの木材は存在していないといえます。
つまり、原産地になる可能性は低く、現況において木材市場で名が知られているわけでもないです。
済南市に生えている木材を考えると、市場を潤す供給者にはなり得ないので、現況は現地で消費されるものが流通する程度と結論付けられるでしょう。
日本市場に、済南市から木材が輸入されている確率は低く、木材市場には殆ど出回っていないと思われます。
日本での現況はこのような傾向ですから、中国以外の他の地域でも、木材市場における存在感は同様に薄いと考えられます。
中国の木材市場に供給するほどの木はない、しかし他から仕入れるほどでもないとなれば、済南市の木材市場はクローズドとなります。
全く閉鎖的かどうかまでは分かりませんが、少なくとも積極的に木材市場に関わっているとは考えにくく、影響力もあまりないでしょう。
現況についての詳しいデータがあれば、済南市における木材市場の実情が見えてくれるでしょうが、現実には情報不足で分かる範囲も限られます。
仮にもし現況がより詳細に分かるようになったとしたら、それは済南市の市場が開き、流通が盛り上がり始めた時です。
供給者になる可能性は低いですが、逆に需要が高まり輸入するまでになれば、日本にとってのビジネスチャンスに変わります。
現況からすると、済南市の市場が開く確率は決して高くありませんが、全く需要がないわけでもないので、その点には可能性が存在します。
現在は分かる範囲内で把握に努め、今後の変化に目を向ける対象という位置付けになるでしょう。