石家荘市(中国)の木材市場の現況(2019)

石家荘市は中国の内陸部に近い場所にある点から、木材市場においては生産が中心と言えます。製薬工場が中心になっており、かつては紡績業で栄えた都市ではありますが現在はやや衰退している傾向にあります。観光客は北京よりは少ないですが文化の街とも知られている点から一定の需要があります。交通の便はあまり良くないので物流コストの問題も顕著です。以上のことから石家荘市では木材の生産が中心ではありますが、他の年に比べると活発ではありません。そのため建築資材としての材木を販売するか、あるいは木造の家具を販売する方法で収益を得る方法が良いでしょう。現況では林業は殆ど行われておらず、富裕層も少なく都市の再開発も行われていない点から木材の需要はそれほど高くはありません。海外からの輸入に対しても、海上から輸送して陸路で運ぶ際にコストが掛かってしまう可能性があるので、内陸部からの輸送が中心になっています。ただし最近では北京から離れて暮らしたいと考える中国人の富裕層が多く、文化の街とも知られている石家荘市は落ち着いて生活するには都合のいい環境であると言えます。このまま石家荘市に移住する中国人が増えていくと、建築資材の需要が伸びていき、結果的に木材市場が活性化される可能性があるのです。そのためなるべく石家荘市には移住して生活しようと考えている富裕層向けの製品を展開していくと良いでしょう。今後の中国の経済によっても市場への影響があります。貿易摩擦問題により関税によってアメリカからの木材の輸入に対して関税をかける場合は、他の国が比較的取引をしやすい環境を得られるということです。だからこの機会に積極的に石家荘市に木材製品を輸出していくことで収益を得やすくすることができます。ただし、現況では過疎化が進行しており、住宅の建築も殆ど行われていないのでそれほど需要は高くありません。あくまでも取引先のひとつとして考慮しておく方法が良いでしょう。