南昌市(中国)の木材市場の現況(2019)

木材の需要は日本では古来から潜在的に高かったのですが、近年では国際的にその市場は広がりを見せています。北京オリンピックと上海万博の開催がなされた中国でもその傾向は強くて、大規模イベントの開幕まででなくその後も引き続いて市場は狭まってはいません。加えて、国の都市化推進政策の実施と、国民所得の伸びに連動した国内の住宅建設需要の増大から、高品質で高級感のある住宅を建設する動きは加速し続けています。今や、世界の中で住宅産業の巨大なマーケットとなっているのが中国です。
一般的に中国では、集合住宅を建設する際には基礎と躯体と大まかな仕上げまでを施工業者が行い、購入者が内装を業者に依頼するケースが多く見られます。スケルトン方式と呼ばれるこの手法では、昨今の木材ブームに乗って内装の全てを木造とする例が多いです。他国のように内装仕上げまで全て行ってから不動産業者が販売する方法も増えてはいますが、この場合でも内装や付属の家具類を木で仕上げようとする例が非常に多いのが中国です。
中国での木材需要は住宅を取り巻く事情を反映した結果、巨大な市場となりました。この需要を満たすべく従来ならば、国内で伐採と加工される広葉樹で全てを賄うことができたのですが、需要の伸びが尋常ではなくなったことにより供給が需要を上回ることができなくなってしまい、木材を他国から輸入することが増えました。南昌市は江西省の省都であり、省人民政府が置かれる経済と政治の中心都市です。中国南部に位置する都市で、省で最大の工業都市でもあり、製造業や紡績業や化学工業などが発達しています。情報産業とバイオテクノロジーなどの新興産業の伸びが顕著です。ここでも、国内の木材に対する需要の傾向は同様に見られ、産業の伸びに伴った所得の増加で、高級で品質の良い木材を用いた住宅の需要が増え続けています。国内だけでその要望を満たすことはできないので、輸入に頼っているという傾向も同様です。2019年以降の木材市場でもこれらの現況が継続され、木材の運搬と加工と販売と建設は伸びていくと考えられています。