無錫市(中国)の木材市場の現況(2019)

無錫市は観光名所が多く、都市開発が進んだことによってオフィスビルが立ち並んでいる地域です。そのため木材市場としては生産よりも消費側にあります。現況では地価の高騰によって木造製品の価格が高くなっていることから、富裕層にしか高級な製品は販売できません。しかし、人口は他の地域よりも比較的多いので、ブランド化された木材製品であれば高く売買できるでしょう。物価高と物流コストの高騰の問題を考慮して、市場を展開していけば一定の収益が見込めます。近年ではアメリカとの貿易摩擦によって中国経済が失速している傾向にありますが、依然として木造製品の需要は高く、他の都市よりも需要が落ち込んでいるわけではありません。無錫市では林業は行われておらず、デスクワーク関係の産業が中心なので求人は殆どありません。しかしオフィス関係の用品には一定の需要があります。紙製品やテーブルなどの木材を原料とした既成品は一定の需要があるので、低コストで販売していくことで収益を手に入れることが可能です。無錫市は海上からの輸送が可能で、船舶を使用すれば大量に輸出させることも可能になります。最近では東アジアの海域で諸外国との衝突によって治安の問題が懸念されていますが貿易にはほとんど影響はありません。生産よりも消費が多い無錫市の木材市場では、中古の木造家具も一定の需要があります。特に日本製の古い木造家具は最新の製品よりも耐久性能が良好で、インテリアとしても利用できることから富裕層から人気があります。そのため木造製品を中心に取り扱っている中古販売業者も参入することは可能です。以上のことから無錫市では都市開発により富裕層が集中しており、地価と物価の高騰と流通コストの上昇でブランド化された製品が中心に売買されています。オフィスビルが立ち並んでいるので木材を原料としたオフィス用品の販売も有効でしょう。海上からの輸送も可能なので市場を展開しやすいです。