常州市(中国)の木材市場の現況(2019)

常州市は電子機械や軽工業などを中心とした経済都市です。都市の中心にはオフィスビルが立ち並んでいて、地方には歴史的な建造物が目立ちます。木材市場においては生産よりも消費が多いでしょう。特に木材を原料としているオフィス関係の製品は軒並み需要が高いです。地方ではそれほどではありませんが、都心部の不動産の価値は非常に高いので、物価が高くなっています。物流コストは平均的ですが物価高によって木材製品が販売しにくくなっている点には注意しましょう。都市開発は停滞しており、現況としては建築資材としての材木の需要はそれほど高くはありません。ただし、中国の主要都市と同じように富裕層も存在しているので高級な木造製品を販売することによって利益を手に入れることができます。気候も良好で、近年では排気ガスによる環境汚染問題も解決されてきていることから今後も不動産としての価値は下がることは無いでしょう。木材を原料としたビジネス用品の需要も高い傾向にあります。紙製品だけでなくテーブルや棚などの木造製品は使いやすく軽量なので、使い勝手が良好な点から好まれています。ただし、不動産の価値が上がっていくことによって、富裕層だけの都市になってしまう可能性も懸念されており、インフレがこのまま進んでいくとバブルが崩壊してしまう可能性も考えられます。過剰な生産や供給は避けて、リスクを分散する市場展開を行ったほうが良いです。常州市の近くには韓国や北京、南京があります。台湾からもかなり近い距離にあるので、保険としてそれらへの市場展開も行っておくことでリスクの分散につながるのです。以上の点から常州市では軽工業や電子機器の製造が中心になっており、一定の木材市場における需要はあるもののインフレの影響によって市場が崩壊してしまう可能性も皆無ではありません。需要量に過信しすぎないように常州市で木材の販売を行っていくことが重要になるでしょう。