江陰市(中国)の木材市場の現況(2019)

江陰市は歴史的な建造物が多く、観光客が多い中国の都市のひとつです。木材市場においてはあまり期待できない傾向にあり、住宅の建築や都市開発などは行われていない傾向から木材の需要はほとんど無いのが現況です。しかし歴史的な建造物の殆どは災害や老朽化によって修繕が必要なものがあります。歴史的な建造物に使用されているヒノキやカヤなどの高級な木材であれば一定の需要を手に入れることができるでしょう。もちろん歴史的な建造物の修繕に必要な作業員も同時に派遣することによって更に収益を増やすことも可能です。江陰市では観光地化が進んでいることから、政府が修繕費用を投入する可能性は高いと言えるでしょう。しかし一般的な住宅や家具などに使用されている杉などの安価な木材の需要は殆ど無いので、取り扱う木材の種類には注意したほうが良いです。先述の通り江陰市は過疎化が進行していますが住民はほとんどが富裕層です。そのため低価格品を販売するよりも高価格帯の材木やブランド化された家具などの販売が良いでしょう。近くに南京市があるので、売上が伸び悩んだ場合はそちらで販売することも可能ですし、江陰市は海上からも比較的近い場所にあることから輸出入も簡単に行うことができます。以上のことから江陰市では林業は殆ど行われていませんが、ブランド化された高級木造製品の需要は一定数期待できます。地方の若者は都市に移住していますが富裕層は江陰市に転居しているので、高級な木造製品を販売することによって収益を増やすと良いでしょう。近年の自然災害や気候変動による劣化が顕著になっている歴史的建造物の修繕においては高級な木材だけでなく技術作業員も派遣することで更に収益を手に入れることが期待できます。木材市場は他の都市と比べて活発ではありませんが、富裕層を中心に需要があるので販売のターゲットを絞って市場を展開することによって利益を手に入れることができます。