鞍山市(中国)の木材市場の現況(2019)

鞍山市の木材市場の現況は、近年非常にその消費量が上昇しています。その理由は中国全体が木材需要が増え始めていること、さらに鞍山市が近年従来の鉄鋼中心の産業から都会の様々な産業へと軸足を移しており、全体的に文化水準が高まる傾向があるため住宅に対する木材の使用が非常に頻繁になっているためです。
鞍山市は古くから鉄鉱石の産地として知られています。2つの連なる山を抱え、その姿から地名が命名されたと言われている鞍山市は、これまで中国の中では農村地帯として文化水準が比較的低く、多くの人は十分な設備を持った住宅に住むことができませんでした。主な産業が鉄鉱石であることからこの業務に従事する人が多く、住宅の構造は土や石を中心としたものが多かったのですが、近年では中国全体の近代化により農村地帯にも様々な家が建築されるようになり、特に木造住宅にその人気が集まっているのが実態です。そのため様々な国から木材を輸入し住宅の建築に利用している背景があり、鞍山市でもこれまでのような住宅から内装も美しく施された住宅が非常に増えているのはその要因です。
中国の都市部では古くから海外のモダンな住宅が建築される傾向がありましたが、鞍山市のような農村地帯では木造の家は非常に高額なものであり、1部の富裕層しか手に入れることができなかったためその普及は決して進んでいるとは言えないものでした。しかし近年の中国の経済的な成長や、世界的な不況による木材価格の低下なども非常に重要な要素となり、農村部でも様々な木造住宅を建てることが多くなっているのです。
鞍山市は今後も多くの木造住宅が建築されていると考えられており、また内装も非常に充実したものが求められることから木材需要はこれからも向上するものと考えられ、鞍山の木材市場がこれから大きくなるものと考えられます。そのため非常に魅力的な市場として発展していくものと予想されていることから、木材市場は非常に期待できるものなっているのです。