煙台市(中国)の木材市場の現況(2019)

中国山東省の山東半島に所在する煙台市は、典型的な港湾都市です。山東省の中では最大の漁港であって、かなり早い段階で対外経済開放された沿岸都市の中に名を連ねております。その関係もあって、今も産業都市としての急速な発展ぶりには目をみはるものがあります。経済発展した要因には、中国でも指折りの良好な環境、美しい景観、恵まれた投資環境などがあげられています。観光地としてもゆるがない人気を誇っていて、海岸線沿いに広がる砂浜や断崖に誘われて中国全土から訪問する観光客が後を絶ちません。煙台市には中国が国家として力を入れている開発区が2つあります。そのうち、煙台経済技術開発区は、中国全土でもトップ10に入る規模を誇っているのです。なお、同開発区には中国最大のワイン製造会社が操業しています。日本での観光情報としてはあまり取り上げられることがありませんが、ほかにも「海昌煙台サメ水族館」や「張裕酒文化博物館」などといった、当地でなければ見ることのできない観光施設も充実しております。さらに海水浴場や風光明媚な崑崙山など、観光のバリエーションには非常に豊かなものがあると言わざるを得ません。多くの観光客が魅了されているのは確かです。煙台市は交通機関が発達し、アクセスが大変に便利であるところから、たとえば青島や大連と一緒のコースに入れて巡回するときも効率よく見て回ることができます。煙台市の煙台蓬莱国際空港は、日本と煙台市の間を往来するに際して多くの人が使っている空港です。比較的新しい空港ですので、外観も極めて美しく、スペースもゆとりがありますので快適感は抜群のものがあると多くの人から評価されています。観光産業の活発化によって建設需要が目立って高まり、その結果、木材の取引もすこぶる盛んになってきています。煙台市の木材市場が活気を帯びてきたのは、まさに煙台市の経済成長に伴っての動きであるとされております。煙台市の木材市場の現況は至って好調であると断言する人は少なくありません。