慈渓市(中国)の木材市場の現況(2019)

慈渓市は南京の近くで経済特区に位置している地域の一部です。鉄道はありますが、中央都市とは違ってオフィスビル等は立ち並んでおらず、地価もそれほど高くはありませんが電子機器などの産業が中心になっています。木材市場としては生産よりも消費のほうが多い点が現況で、生産数は比較的多くありません。最近では東南アジアなどの諸外国からの輸入によって木材市場が成り立っています。幸い慈渓市は港からの距離はあまり遠くないので、陸上の輸送路を確保すればすぐに向上に木材を運ぶことができるのです。ただし中央都市とは違って木材の加工工場は存在しますが消費者になる富裕層などの市民は少ない傾向にあります。そのため闇雲に慈渓市に輸出をしても簡単に収益を上げることは難しいと言えます。慈渓市は電子機器の生産が中心になっているので、それらに関係する木造製品を販売することで収益を上げることができるでしょう。少ないですがオフィスも存在するのでオフィス用品の販売も有効です。ただし、消費量は地方なのでそれほど期待できず材木を使用した加工も僅かなのであまり良い木材市場とは言えないのが現況です。慈渓市の人件費は安いので林業の従事者を募ることによって収益を手に入れる方法があります。内陸部の山岳地域から木材を手に入れることができれば慈渓市を木材の加工場所として活用することが可能です。観光地化もされていますが、観光客は他の都市とは比較して少ないです。内陸部なので冬場は冷え込むことがある点から木材を使用した暖房器具を販売していくと一定の収益を手に入れることができるでしょう。以上の点から慈渓市では木材市場はあまり活性化されておらず、生産も消費も少ないですが、木材を原料としたオフィス用品や家具製品を販売することで一定の収益が期待できます。しかし人口はわずかなので都市部と同じように市場を広げてしまうと損失が発生することがあるので注意しましょう。