台州市(中国)の木材市場の現況(2019)

台州市は海に面した都市であり、諸外国からの輸入を行うための船が沢山停泊しています。もちろん木材の輸送船も例外ではなく東南アジアや日本からの輸入品もあります。台州市の木材市場は生産よりも消費の傾向があり、現況はオフィス街で電子工業を中心に展開されているので木材を生産する工場は殆どありません。富裕層も在住しているので高価な木材も比較的容易に売買できるでしょう。ただし、中国経済は現在停滞を強いられている環境にあり、富裕層も常にお金があるとは限らないので高価な木材の販売は控えて、コストパフォーマンスに優れた製品を展開していくことが良いでしょう。台州市は人口が非常に多く、近くに南京市もあるので観光客も多いです。木材やそれらを原料した製品の消費量も多いので、中国全体の景気を考慮しつつ販売を展開していきましょう。最近では地方の都市開発が停滞しているので、今後も住宅用に使用する建築資材や木材は消費量が少なくなる可能性が高いです。なるべく建築資材として使用できる単なる木材を販売するのではなく、付加価値がある木材を原料とした製品を販売していくことが重要です。付加価値のある製品は中国国内でも簡単に生産することは難しく、更に富裕層からの人気も高くなっています。だから高値で取引されやすくなるのです。日本の中古品の木造製品が高く売却される理由として、故障しにくい問題や富裕層からの一定の支持があるからなので、台州市の木材市場に参加する際にもこれらを考慮した上で参入したほうが良いでしょう。中国国内では最近は環境の保護を中心とした政治に転換されており、安易に木材を手に入れるために伐採しなくなってきています。そのため木材に関係する製品は軒並み値上げの傾向があります。台州市も例外ではなく、この機会に木材市場への販売を広げていくことで収益を確保していくことも重要です。この地域は港から近いので販売できる種類も豊富です。