南通市(中国)の木材市場の現況(2019)

南通市は古くから観光名所として栄え、多くの観光客が訪れる地域となっていますが、近年では中国全体の都市化とともに居住地域は近代的な住宅が増えていることもあり木材の需要が非常に大きくなっています。これにより木材市場の現況は非常に好調となっており、海外から多くの木材を輸入しているのが実態です、
南通市は江蘇省東南部に位置する地域で、長江の下流に位置するためその地形は長江の土砂が堆積し成り立っていることから非常に平坦な地形となっています。そのためこの流域に多くの人が居住していますが、近年では木造住宅が大きなブームとなっており、これを建築する人が非常に増えている実態があります。さらに観光客向けのホテルなどの設備も充実しており、この内装に木材が使用されることが非常に多くなっていることから、近年非常に木材の需要が増えているのです。
南通市は東側に黄海、南は長江に面している非常に穏やかな環境となっており、加えて蘇州や上海が長江を挟んで位置していることから海外からの観光客も訪れやすい地域となっており、狼山や濠河等の有名な景観地があることからも観光客が訪れやすい地域となっています。そのため南通市は中国の近代化に伴いこの地域を非常に美しい景観に整備しており、従来の土や石を材料とした住宅から木造住宅への転換を図っている状態となっていることから木材は非常に重要な資源として広く利用されているのです。さらに、年々環境客は増えており、その対策として新たにホテルなどの建設も増えていることから、その材料となる木材の需要は加速度的に増える状況が続いています。そのため木材市場はこれまでにない重要を示しており、その現況は非常に好調なものとなっているのです。
北京オリンピック後加速度的に近代化が進む中国ですが、南通市も例外ではなく、今後も当面は木造建築の増加が見込まれており、木材の需要が増え続けると考えられるため、好調な状態をしばらくは維持するものと思われているのが実態です。