淮安市(中国)の木材市場の現況(2019)

地勢はきわめて平坦であることから住宅や建造物が建てやすいといった特徴を持っている淮安市では、国外に輸出する木材や資材よりも周辺地域で消費される木材が活発に売買されていることで知られています。2018年度は大型ショッピングセンタやホテル、娯楽施設や高級一戸建て住宅などの建築需要から淮安市の木材市場における景気は十分に好調だったと言えるでしょう。この傾向は2019年も維持されるのではないかと予想されていることから、2019年も淮安市の木材市場は2018年の現況と大差ない形で好景気が続く可能性が高いのです。
中国政府による国内半導体産業の育成政策を背景に、淮安市には海外企業の半導体メーカーなどが次々に入ってきたという特色もあります。中国景気が極端に悪化する、外交の都合でメーカーが国内対処を余儀なくされるなどの問題でも発生しない限り、建造物の大型需要は今後も続く可能性が高めだということなので淮安市の木材市場が2019年度も好調である予想に強い影響を与えていると言えるでしょう。日本の家電メーカーも淮安市に工場を構えていることから、日本も淮安市の木材市場に良い影響を与えているとも言えるのです。
また外国人観光客を対象とした観光スポットの修繕も頻繁に行わなければいけないことから、2019年に突然木材需要が急激に落ち込む確率は低くなっています。海外向けよりも国内向けの木材の取り扱いが多い地域であるメリットが好景気の維持に役立っているということなのでしょう。
2019年に突然淮安市の木材市場の景気が悪くなる要因があるとしたら、周辺地域の変化や中国共産党の方針ではなく他国との経済に関するやりとりの影響によるものの可能性が高いです。海外向けの木材の取り扱い数が少なめな木材市場に影響を与えるほどの関税が海外から課せられるなどの問題が発生しない限りは、2018年度と同じか微増程度の高水準が続く確率が極めて高いからです。