揚州市(中国)の木材市場の現況(2019)

世界の木材需要は高まってきており、至るところで木材を伐採して活用する取り組みが進んでいます。現代にかけて木の活用方法は幅広くなっており、消費量は徐々に高くなっている特徴があります。その状況で日本では、世界から丸太を集めない傾向が強くなってきており、国内市場で丸太を安定的に確保することが課題になっています。日本の森林が少しずつ、毎年伐採が繰り返されるようになり、自然を保護する動きも活発になりつつあります。自然をしっかりと守ることで、大切な資源である木を保護することに直結していきます。日本の森林に対する取り組みは真摯な姿勢があるので、世界中から賞賛される雰囲気があります。その技術を幅広く、専門的に世界中に普及させることができれば木材市場における未来は大きく変わっていきます。日本が実施している保護の動きと同時に、世界でシェアを伸ばしている国があります。それは中国であり、近年に入ってから木材を取り巻く現況は大きく変化しました。中国の経済的な発展は常に目覚しいものがあり、今後も大きな成長が見込まれます。特に、揚州市の木材市場は活発です。人口が増加しながら、経済的にも豊かな暮らしを実現させてきました。その背景には、木を活用したモノの流通が考えられます。木の流通が幅広く行われるようになれば、必然的に木材の需要と供給は高まりを見せるようになります。建築面や生活の中で活用されるようになった木材。木の魅力を広く発信するようになった風土があり、自然と共に共生することが可能となりました。中国は国際的なGDPが年々上昇しているので、経済や市場は大きな変化を遂げるようになっていきました。木材を取り巻く状況は世界的に飛躍的に変化しています。今の状態で継続的に木材の伐採をするようでは、限られた資源がすぐに底をつくようになります。中国の揚州市と日本の取り組みを勘案して、木材の資源を守るベストな選択肢を考える必要があります。